カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(四)

素問・陰陽応象大論篇 第五④

【原文】故清陽為天、濁陰為地。地気上為雲、天気下為雨;雨出地気、雲出天気①。故清陽出上竅、濁陰出下竅②;清陽発腠理、濁陰走五藏③;清陽実四肢、濁陰帰六府④。

【注釈】①雨出地気、雲出天気:陰陽はそれぞれの位置にあって、陰陽の気は上下に交わり、雨や雲、そして万物に化生する。清陽は天、濁陰は地である。地は下にあるが、地の気が上昇すれば、雲になる;天は上にあるが、天の気が下降すると、雨にある。

雲があってから雨がある。この雨は天から降りるが、元々は地気が生じる雲からなるものなので、故に「雨出地気」と言う。

一方、雨が降るから、その後上昇する雲がある。この雲は地から昇るが、元々は天気が生じる雨からなるもので、故に「雲出天気」と言う。これは、陰陽が交わる「道」である。自然界雲と雨の形成の現象は、陰陽互根の意義があるだけではなく、陰陽転化の過程も示してある。

②清陽出上竅、濁陰出下竅:上竅とは、耳・目・口・鼻など頭面部の七竅である;下竅とは、前後の二陰である。馬蒔の注釈は「凡そ人体の物は、清陽に属す者があって(上竅からでる)、例えば涕・唾・気・液など……濁陰に属す者があって(下竅からでる)、例えば汚穢溺など。」

③清陽発腠理、濁陰走五藏:ここの清陽は衛気のことを指し、濁陰は精血津液のことを指す。張志聡はこう言った、「腠者、三焦通会元真之処。理者、皮膚蔵府之文理。この言葉は、清陽の気は腠理に通会し、濁陰の精血は五臓に走る。五臓は蔵精の者からである。」

④清陽実四肢、濁陰帰六府:ここの清陽は飲食物から化生した精気であり、その糟粕は濁陰である。張志聡はこう言った、「四肢は諸陽の本で、六腑は伝化物が蔵しない。この言葉は、飲食物から化生した清陽は四肢を充実し、混濁物は六腑へ戻る。」

【訳文】大自然の清陽の気は上昇して天となり、濁陰の気は下降して地となる。地気は蒸発し上昇すれば雲となり、天気は凝集し下降すると雨になる。しかし、雨は地気の上昇した雲から変化したものであり、雲は天気の下降した雨が蒸発してできたものである。人体の変化もこのようなものであって、清陽の気は上竅から出るが、濁陰の気は下竅から出る。清陽の気は湊理から体外へ蒸発するが、濁陰の気は体内の五臓へ向かって注ぐ。清陽は四肢を充実し、濁陰は六腑へ帰る。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-04-05 10:02 | 中医学 | Comments(0)
<< 入学式 卒業式 >>