カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(五)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑤

【原文】水為陰、火為陽①。陽為気、陰為味②。味帰形、形帰気③。気帰精、精帰化④。精食気、形食味、化生精、気生形⑤。味傷形、気傷精⑥、精化為気、気傷於味⑦。

【注釈】①水為陰、火為陽:水は潤下で寒性である、故に陰である。火は炎上で熱性である、故に陽である。張介賓はこう注釈した、「水火は、陰陽の徴候であり、陰陽は水火の性情である。」

②陽為気、陰為味:張介賓の注釈では、「気は無形で上昇する、故に陽である。味は有質で下降する、故に陰である。ここは、薬(物)と食(物)の気味のことを指す。」となっている。

③味帰形、形帰気:「帰」とは帰す、又は滋養と生成の意味である。ここの「味」は一切の薬食物を指し、「形」は蔵府・精血など有形の物(形体)を指し、「気」は人体の真気(元気)を指す。「味帰形」は、薬食物の味は人の形体を滋養する。「形帰気」は、形体は真元の気に充養されるという意味である。

④気帰精、精帰化:ここの「気」は薬食物の気(四気、四性)を指し、「精」は精微、陰精を指し、「化」は気化の意味である。「気帰精」は、薬食の気は精微に化し、人体の陰精を成生する。「精帰化」は、人体の陰精は気化作用に依頼するという意味である。

⑤精食気、形食味、化生精、気生形:「精食気、形食味」は上文の「気帰精」と「味帰形」の補充説明で、同じ意味である。「化生精、気生形」は上文の「精帰化」と「形帰気」の補充説明で、同じ意味である。

⑥味傷形、気傷精:「味帰形、形食味と気帰精、精食気」の太過で自傷の説明である。薬食物の味は人の形体を滋養するが、取り過ぎの場合は、形体を損傷する。同じく、薬食の気は精微に化し人体の陰精を成生するが、取り過ぎの場合は、人体の陰精を損傷する。

例えば、『素問・生気通天論』には、「陰は、もとは五味から所生であるが、陰の五宮は五味に所傷である。」と「肝経の在味は酸だが、酸は傷筋する。」故に、味傷形と言う。なお、気帰精と精食気とは、ものの気性(温熱寒涼)が精を養うという意味である。しかし、この気性を取り過ぎの場合は、この精を損傷する。

⑦精化為気、気傷於味:ここの「気」は人体の真気(元気)を指す。張介賓は次のよう注釈した:「精化為気とは、元気は精から生まれるということである。しかし、上文では、気帰精と言った、それは気が精を生ずるという意味なのである。二者が相反しているように見えるが、上文の「気」とは、薬食の気性のことである。これは、精気互根のことを述べたのであり、最初にあった、天地雨雲の話と同じ意味である……気傷於味とは、上文では、味帰形(又は、味傷形)と言った、この意味は、形が損傷なら元気も損傷される。例えば、酸味が取り過ぎると、肝気がつきないが、脾気が絶つ(肝気乗脾)。これは、味傷気の一例である。

【説明】『素問・陰陽応象大論』は、陰陽の互根、転化運動の説で、薬食の気味が人体への作用のメカニズムを論述した。先ず、気と味を陰陽の属性を分けた(気は陽で、味は陰である)。陽性の作用方向は上と外へ、陰性の作用方向は下と内へ動く。さらに、気味の厚薄で陰陽を分けると、また陽中の陽、陽中の陰、陰中の陽、陰中の陽などがある(次回の原分を参照)。なお、その向上向外の作用の中に、発熱や発散の違いがあり、向下向内の作用の中に泄と通の違いなどがある。

また、味で陰陽を分ける場合は、辛甘発散の者は陽で、酸苦通泄の者は陰であると述べた。

薬食作用は人体に利もあれば、害もある。例えば、薬性温和の物は補益精気・協調陰陽ができるが、竣烈の物はまた人体の精気を損傷する。適宜に薬を使うと、身体へ増益と陰陽の協調ができるが、気味の使い過ぎでは、反って陰陽を損傷し、新たな陰陽失調になる。だから、薬物の気味論は中薬学の理論基礎の一つである。

この節で、薬食の性(気)味と人体五臓の陰陽との損益関係を理解されていれば、嬉しいです。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-04-12 10:00 | 中医学 | Comments(0)
<< 最古のカルテ 入学式 >>