カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


最古のカルテ

こんにちは、周です。今回はカルテについての話です。

カルテは中国語で病歴(病历 bingli)と言います。カルテは患者の詳しい資料を記載していて、医療機関で重要なものです。今回は、中国医学史上では、最初にカルテを書いた時期と人を紹介します。

漢文帝時期(BC215~150年)の淳于意は山東省臨菑の人で、若い時、齊国の太倉長(食糧倉庫を管理する官職)に任じられた為、「太倉公」・「倉公」と称されました。彼は裕福な家庭で生まれではなく、多くの親類が病気を患って亡くなりました。その現状を見て、幼い頃から医学を志し、貧乏な病人達を救う為に、医学を自習し、若くて公孫光(当時の名医)に師事しました。師の家伝をことごとく修得した後は、前漢の名医となりました。淳于意は、疾病を診療する際、それぞれの患者の氏名・職業・住所・疾患名・症状・脈象・弁証・治療状況、特に病歴や治療経過を記録に留めることに、意を用いました。

司馬遷の著わした≪史記≫にも、「扁鵲倉公列伝」として、その伝記が掲載されています。
当時、この医療記録は「診籍」と呼ばれ、「扁鵲倉公列伝」には、淳于意が作成した「診籍」25例(15例は治癒に至った症例で、10例は病死した症例である)が記されています。「診籍」に記録されている疾患の種類は、外科・婦人科・小児科・内科・口腔科などの各科にわたり、その精密な記録によって、淳于意の診療する実態を如実に読み取ることができます。

この「診籍」は、当時の信頼性が高い医療記録であるだけではなく、中国に現存する最古(最初)の、整備された「カルテ」と言え、世界医学史上も、稀に見る貴重な歴史資料でもあります。
[PR]
by jbucm | 2012-04-16 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(六) 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(五) >>