カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


一毛不抜

こんにちは、周です。今回は成語(一毛不抜)を紹介します。

一毛不抜(yī máo bù bá)の出典は、≪孟子・尽心上≫、「楊子取為我、抜一毛為天下、不為也」(楊子は自分の為にする、たとえ一本の毛を抜くことで、天下に役立つようなことがあっても、それをしようとしない)であります。戦国思想家の楊朱が「為我」「貴己」を提唱しましたが、歴史上では、彼の思想は非難され、重要視されませんでした。

髪1本抜くのさえ惜しむ、ひどくけちであることを意味します。例えば:「彼は本当にけちん坊だね」と言いたい場合は、「他很小気、真是一毛不抜!」(「小気」もケチの意味です)で表現することができます。「鉄公鶏」(tiě gōn gjī)も連用します。例えば:「他是個鉄公鶏」(彼は鉄のおんどりで、羽根1本抜こうとしない)。あまりいい意味ではないので、使う相手や場合に気をつけてください。但し、物によって、いい意味もあります。中国では、歯刷(歯ブラシ)の広告で、この言葉を使われていました。
ちなみに、反対語は、「一擲千金」「慷慨解嚢」であります。

この成語に関する故事を紹介します。
古代にある富豪が居ました。臨終の彼が、妻にこう言いました:死後、棺に入れない、穴を掘って、そのまま埋葬すればよい。お坊さんを呼ばなくてよい、私は自分で黄泉で経文を唱える。私の皮を剝して、皮匠(皮を使って、靴・カバン・ベルトを作る職人)に売ること。毛は1本も残さず、全部抜いて、ブラシ製造工場に売ること。
[PR]
by jbucm | 2012-05-28 09:34 | 色々・・・ | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十一) 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十) >>