カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


温里(裏)薬

こんにちは、周です。今回は温里(裏)薬の話です。

温里薬は温(熱)性を有し、温散裏寒(裏寒を取り除く)の作用があり、裏寒証に用いられます。今回は代表的な温里薬―附子・肉桂・乾姜・呉茱萸を紹介します。

附子:性は辛・熱、有毒で、心・腎、脾に帰経します。回陽救逆・補火助陽・散寒止痛の作用があります。亡陽証による冷汗・四肢厥逆(手足の冷え)・脈微欲絶(脈が微弱)、陽虚証による畏寒肢冷・腰痠脚弱・陽痿尿頻・腹痛腹瀉・大便溏泄・小便不利・(腰以下に顕著)水腫、(寒湿による)痹証(関節の痺れ、疼痛、冷え)に用いられます。毒性が強いので、加工・炮製したものを使用します、妊婦には禁忌です。
f0138875_15213357.jpg


肉桂:性は辛・甘・熱で、腎・脾・心・肝に帰経します。補火助陽・散寒止痛・温通経脈作用があります。腎陽不足による畏寒肢冷・腰膝軟弱・陽痿、尿頻(頻尿)、脾腎陽虚による腹冷痛、食少便溏、虚寒による脘腹冷痛・痺痛・腰痛・痛経(月経痛)、陰疽(慢性皮膚潰瘍)・気血虚寒の痈腫膿成不潰(化膿して、膿の排出できない)・或いは潰後久不収斂(膿の排出できるが、爛れた傷口の修復できない)に用いられます。陰虚火旺・血熱妄行(出血)・妊婦には禁忌です。
f0138875_15223654.jpg


乾姜:性は辛・熱で、脾・胃・心・肺に帰経します。温中回陽・温肺化飲作用があります。脾胃寒証の脘腹冷痛・嘔吐泄瀉、亡陽証、寒飲伏肺による咳嗽気喘・清薄痰多(大量の希薄痰)・形寒背冷(背部の冷感)に用いられます。
f0138875_15231247.jpg


呉茱萸:性は辛・苦・熱、小毒で、肝・脾・胃に帰経します。散寒止痛・疏肝下気・燥湿作用があります。脘腹冷痛・疝痛(発作的に起こる激しい腹痛)・頭痛・虚寒泄瀉、胃寒の嘔吐・乾嘔(吐き気)に用いられます。辛熱燥熱ので、陰虚発熱には禁忌です。
f0138875_15235753.jpg


肉桂と附子:効能は似ています。併用することが多いですが、肉桂は血分に偏り、附子より性質が緩やかで、亡陽証には使用しないです。附子は気分に偏り、回陽救逆の要薬です、理血調経には使用しないです。

乾姜と附子:共に回陽に働きますが、乾姜は主に脾胃に入り、温中散寒し、附子は下焦の元陽を峻補します。両者を併用することによって、効果が高まり、附子の毒性も減少します。

呉茱萸と乾姜:温中散寒・助陽に働きます。呉茱萸は厥陰肝経の主薬であり、厥陰頭痛・胃痛・嘔吐呑酸に適します。乾姜は主に脾経に入り、温中散寒の主薬であり、脘腹冷痛・吐瀉に適します。呉茱萸・乾姜は助陽に働き、五更泄瀉(夜明けの下痢)によく用いて、乾姜は回陽救逆に用います。
[PR]
by jbucm | 2012-06-04 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十二) 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十一) >>