カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


蘇東坡と中医薬 其の①

こんにちは、周です。今回は蘇東坡と中医薬の話―其の① です。

北宋元祐四年(1089年)、蘇東坡が杭州太守就任前に、杭州の人口は37万に対して、医院は全然ありませんでした。彼は在任期間中、疫病流行する際、別処の名医を呼んで民衆を診察します。その後、名医が作った診断基準や処方された方剤を、手書きにして、城(街)のあっちらこっちらに貼り、百姓は、掲示されている中薬・方剤に従って、自分で薬を探し・服用して病気を治しました。

半年後、蘇東坡は義捐金や公益金を使い、杭州市中心部の衆安橋頭に、「安楽坊」という公立病院を建ちました。数多くの名医を招いて、生薬を購入し、時に患者へ無償で診察・治療を提供しました。彼の在任期間中に、「安楽坊」は、延べ数千人の病人を診察しました。「安楽坊」の医者は、皆が遠くまで知れ渡っている当時の名医であり、「安楽坊」は、当時の全国的の最大規模な医療機構(機関)でした。

蘇東坡の離任後、「安楽坊」は「安済坊」を改名され、患者の診察・治療を継続に行われましたが、公的な資金援助を断たされた為、経営困難に陥り、仕方がなく民営化されました。
[PR]
by jbucm | 2012-07-09 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十五) 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十四) >>