カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十六)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑮

【原文】故邪風之至,疾如風雨①。故善治者治皮毛②,其次治肌膚③,其次治筋脉④,其次治六府⑤,其次治五藏。治五藏者,半死半生也⑥。

【注釈】①邪風之至,疾如風雨:「邪風」は、広く六淫外感の邪気を指す。「至」は、侵入の意味である。六淫邪気が身体への侵入は、風と雨のように速い。

②善治者治皮毛:陽邪が始めに人体を襲う時は、皮毛と気分を損傷する。故に、善治者(治療が上手い者)は陽気を助け、邪気を宣散して(邪気が)中へ入って陰気を損傷することを防ぐ。王氷は「止于萌也」と言った。

③其次治肌膚:邪気が皮毛に停留していれば、肌膚に入ってしまう。肌膚はまだ外の気分に属すから、この時はまだ邪気を外で解消できる。故に、これは次の治療方法である。王氷は「救其已生」と言った。

④其次治筋脉:邪気が肌膚に停留していれば、今度は経脈に入ってしまう。経脈は中に臓腑とつながり、外に躯幹と四肢と絡している。故に、善治者は、この場合に治療に経脈で邪気を解消し、(邪気が)中の臓腑への侵入を防ぐ。これは治療の法則であるが、また上に次ぐ方法である。王氷は「攻其已病」と言った。

⑤其次治六府:邪気が経絡に停留していれば、中に入ってしまうから、故に六腑から治療する必要がある。王氷は「治其已甚」と言った。

⑥半死半生:「予後が悪い」という意味である。六腑での治療に次ぐ方法は五臓での治療である。邪気が五臓経気の間にあれば、まだ治療は可能だが、もし五臓に侵入してしまったら、治るのが少ない。故に「半死半生」という。王氷は「治其已成」と言った。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-07-19 10:19 | 中医学 | Comments(0)
<< 平成24年10月生募集説明会 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十五) >>