カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十七)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑯

【原文】 故天之邪気,感則害人五藏⑦;水穀之寒熱,感則害於六府⑧;地之湿気,感則害皮肉筋脉⑨。

【注釈】 ⑦天之邪気,感則害人五藏:「天之邪気」とは、外感六淫の邪気である。それを感受すると、人の五臓に害を与える。元々六淫邪気は体表に侵入するというが、最終的に五臓に到る。なお、ここでは、⑧と⑨と語気をそろって、邪気が人体を損傷するルートは三つあり、即ち五臓、六腑と皮肉筋脉である。

⑧水穀之寒熱,感則害於六府:水穀は養生に必要なものだが、適切に摂ってなければ、人の六腑を損傷することが十分にできる。

⑨地之湿気,感則害皮肉筋脉:『素問注証発微・巻一』はこう注釈してある:「清湿の地気が足から人体に侵入し、先ずは皮肉筋脉に害を与える」。

【説明】本節(前回と今回の分)は、上文の「治療は、天地の理の法則に従うべき(臨床の弁証論治の際に天地陰陽四時に合わせて分析すべきこと)」の続き、天地の邪気が人体に侵入したあと、表から裏へ入る順次(皮毛→肌膚→筋脉→六腑→五臓)を論述し、なお、「治療は早くするべき」という原則を提唱した。これは、中医の予防医学に一つの重要な方面である。

また、異なる邪気が人の異なる部位を侵害することを論述した。一般的に、天の温熱の陽邪は、鼻や喉から肺に侵入し、伝変が比較的に速く、五臓を損傷し易い;地の寒湿等の陰邪は、皮毛から肌肉筋脉へ侵入し、伝変が比較的に遅く、形体を損傷し易い;一方、水穀の寒熱を不適切(清濁を分けず、食べる時間を守らず)に摂取したら、腸胃から入り、六腑を損傷し易い。

『内経』の他の章節にも同じような論述がある。例えば、『霊枢・百病始生』には「喜怒不節は蔵を、風雨は上を、清湿は下を損傷する。」;『太陰陽明論』には「傷風のものは上が先に受け、傷湿のものは下が先に受ける」などの記載があった。これらの論述は違う角度、或は違う理論原則から提唱してあるが、「異なる致病素因が人の異なる部位を侵害する」という一般的な規律を指摘した。なお、疾病の発生には邪気の他に、飲食の不摂生も原因の一つであると指摘した。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-07-26 09:43 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習会(その1) 平成24年10月生募集説明会 >>