カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(十八)

素問・陰陽応象大論篇 第五⑰

【原文】故善用鍼者、從陰引陽、從陽引陰①。以右治左、以左治右②。以我知彼③、以表知裏。以觀過與不及之理、見微得過④、用之不殆⑤。

【注釈】①從陰引陽、從陽引陰:「引」とは、経絡の気を引用し、虚実を調節することである。「陰」は、内臓、五臓、陰経、胸腹部、下部などを広く指す。「陽」は、体表、六腑、陽経、背部、上部などを広く指す。故に「從陰引陽、從陽引陰」という治療原則も、多種の情況に運用できる。例えば、「從陽引陰」は、背部の腧穴を用い五臓の疾病を治療すること、陽経の穴を用い陰経の疾病を治療すること、上部の穴を用い下部の病症を治療など。これは、陰陽気血が人体の内外上下に貫通しているからである。

②以右治左、以左治右:三陰と三陽の経脈は左右に交互して貫通している。故に、針刺治療の時、左の病症に右を刺すと右の病症に左を刺すという方法がある。これは、「繆刺法」とも言う。

③以我知彼:一説は、「我は医師で、彼は病人であり、医師の正常な生理状況で病人の異常な病理状況を推測する」となっている。前後の言葉(左右、表裏)で次のように理解できる:我は「此処(ここ)」で、彼は「其処(そこ)」であり、此処の変化で其処の状況を知る。「以表知裏」とは、表の変化で裏の状況を知る、という意味である。

④以觀過與不及之理、見微得過:これらの方法で邪気太過及び精気不足の機理を観察し、疾病の些細な症状を見てその問題点を把握し治療する。

⑤用之不殆:「殆」とは危ないことである。これらの方法で疾病を診断と治療すれば、誤治の恐れがない。

(李)
[PR]
by jbucm | 2012-08-02 10:00 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習会(その2) 夏季講習会(その1) >>