カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 陰陽五行(二十)

素問・金匱真言論篇第四①

「金匱」とは、二つの意味があります。その一は金庫の意味で、とても貴重であることを示しています。その二は帝王の家に内蔵する貴重な本のことです。「真言」とは、見道の論で真理である意味をしています。

古代の医家は、本篇が所論する内容はとても珍しくて貴重であり、至真の言論であり、「金匱」に蔵するべきものだと認識していました。本篇の主な内容は以下の三つの方面です:

①四時気候変化と人体五臓の関係及び致病の規律。

②人体の臓腑、体表部位など組織の陰陽の分け方及びそれらと天の陰陽の対立統一運動との相応関係。

③人体の五臓が五行及び天地の五方・五色・五穀・五味・五星・五音・五畜・五臭などとの受け取る関係を説明した。

本篇を勉強することで以下の三つの方面を理解できれば、宜しいです。

①自然界と人体の陰陽の気の消長運動規律及び原理;

②人体の臓腑組織の陰陽属性を、人体の生命活動が対立統一して運動するという観点;

③「五臓と四時の相応、それぞれを受け取る」という理論、『陰陽応象大論』の関連する内容に合わせた、「四時五臓陰陽」の理論論旨及び、それが『内経』の理論体系中の位置付け。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-08-30 10:20 | 中医学 | Comments(0)
<< 蘇東坡と中医薬の話―其の③ 夏季講習会(その4) >>