カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「通九竅」の養生法

こんにちは、周です。今回は「通九竅」の養生法を紹介します。

九竅とは、人体の両眼、両耳、両鼻孔、口、尿道口、肛門を指します。中医学では、竅(出口)が五臓と繋がると認識しています、これらの竅を通暢させることによって、臓器効能の増強や疾病の予防できます。

一 眼の養生法
両眼が軽く(自然に)閉じる、放松する(リラックスして、力を抜く)、眼球を時計周り、反時計周り、上下を動かし、各16回。目を開け、向前平視(水平線で前を見る)3分間。両手の掌心(手のひら)に向かい、開合して、気が両掌に得てから、両眼に掌心を当てる3分間。最後に晴明、攢竹、魚腰、絲竹空、瞳子髎、承泣を点按(指で押す)する。

二 耳の養生法
耳に臓器反映区(臓器を対応する場所)が非常に多くあります。耳を按摩すると良いです。両手食指(人指す指)で耳門、聴宮、聴会を点按する。
両手で耳を塞いで、食指・中指・無名指(薬指)を使い、風府の付近を按摩する36回後、食指で耳を塞いだり・放したりして各3回。

三 鼻の養生法
拇指(親指)と食指で鼻(口)をはさむ、はさんだり・放したりして、1分間60回の速さで、鼻が酸脹(脹満、痛い)感ある程度の力で、5分間。

四 口腔の養生法
唐の時代の医家―孫思邈の≪千金要方≫に、こう言った:「毎晨起、以一捻塩納口中、温水含揩歯、及叩歯百遍、為之不絶、不過五日、歯即牢密」。叩歯とは、口に食べ物などを入れない、噛む動作を指す、歯の保健法の一種である。リズムをつけて、1分間100回の速さで、噛む力は自己で調節する。朝晩1回ずつ、毎回5~10分間。

五 通二陰の養生法
排便保健法の記事(2012年1月9日)をご参照下さい。
[PR]
by jbucm | 2012-09-09 13:54 | 中医養生 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(二十二) 『黄帝内経』筆記 陰陽五行(二十一) >>