国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

中医外科学著作―≪外科正宗≫


こんにちは、周です。今回は中医外科学に最大の影響力を持ち著作―≪外科正宗≫についての話です。

明代の著名な外科医家・陳実功(1555~1636年)が著した≪外科正宗≫は、中国中医外科学に最高・最大の影響力を持ち著作であります。

編纂者の陳実功は、字を毓仁と称します。少年期から医学を学び、外科に精通し、40年余の臨床経験の基に、1617年に≪外科正宗≫(四巻)を纏めました。其の著作は、中国明代以前の外科学成就を全面的に総括し、「列証最詳、論証最精」の著作と称賛されます。

各種外科疾患(皮膚病・痈瘡・腫瘍・痔)を論述します。(陳実功)以前の外科医は、外科病に対する治療法が内治法を重視しますが、彼は「内外兼顧、尤重外治」(内治法と外治法両方に併せて配慮する、特に外治を重視する)を主張します。膿腫の治療には、「使毒外出為第一」(毒を排泄させるのは第一とする)を強調します、腐蝕薬・刀(メス)・針を用いて、壊死組織を取り除く方法を推奨しています、謂わば、「開戸逐賊」であります。彼は、鼻ポリープの摘出術、咽喉食道内鉄釘を取出す術、上下肢の切断術などを記載し、鼻ポリープの摘出用の手術用具も、自分で設計・製作しました。鼻ポリープの摘出方法は、世界医学史上の最古(初)の記載であります(中国では、西洋に先立つことと200年余に鼻ポリープの摘出方法を記載したのである)。また、枯痔散・枯痔釘・挂線(薬線で痔瘻を結んで治療する方法、挂線療法という)を使って痔瘻を治療する法を紹介しました。≪外科正宗≫の中には、「粉瘤」・「髮瘤」等の疾病、巻三の中に特に乳癌についての精細な(その症状が図解とともに詳しく述べられている)記述があり:“木痛不仁”、“堅硬如石”、“初如豆大”、“暫若棋子、半年一年、二年三載、不痛不痒、暫暫而大、始得疼痛、痛則無解”。“如此症知覚若早、只可清肝解鬱或益気営養湯、再加清心静養、服薬調理、只可苟延歳月”。

陳実功は、外科病治療として脾胃調理(脾胃を調整する)することを重要視し、「内之証或不及於其外、外之証則必根於其内也」と認識して、消・托・補(中医の治療法)という三法の多く採用することを主張し、飲食営養面にも配慮しなければならない、過度な飲食禁忌を反対しました。

彼は中医外科の傑出した人物であり、編纂した≪外科正宗≫は中国各地に広く流行し、古代中医外科の発展に大きな影響を与えました。

陳実功は、高い医術を持ち主だけでなく、医徳も高尚であり、尊敬されています。≪外科正宗≫巻四の巻末に、「医家五戒十要」を記載されています。その「医家五戒十要」は、世界知名な論理学学者から、世界最初の医学道徳(モラル)法典と推賞されます。また、1985年にアメリカのジョージトゥン大学が主編(中心となって編集する)した≪生物論理学大百科全書≫の中には、極めて高い評価されました。
[PR]
by jbucm | 2012-10-29 10:30 | 中医学 | Comments(0)