国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(三) 

素問・六節蔵象論篇第九③

【原文】帝曰:五運之始、如環無端①、其太過不及②何如?岐伯曰:五気更立③、各有所勝、盛虚之変、此其常也。帝曰.平気④何如?岐伯曰:無過④者也。帝曰:太過不及奈何?岐伯曰:在經有也。帝曰:何謂所勝⑤?岐伯曰:春勝長夏、長夏勝冬、冬勝夏、夏勝秋、秋勝春。所謂得五行時之勝、各以気命其藏⑥。帝曰:何以知其勝?岐伯曰:求其至也、皆歸始春⑦、未至而至、此謂太過、則薄所不勝⑤、而乘所勝也、命曰気淫⑧。不分邪僻内生、工不能禁⑨。至而不至、此謂不及、則所勝妄行、而所生受病、所不勝薄之也、命曰気迫⑩。所謂求其至者、気至之時也⑪。謹候其時、気可与期。失時反候、五治不分、邪僻内生、工不能禁也⑫。

【注釈】①五運之始、如環無端:「五運」は土運・金運・水運・木運・火運のことで、「環」とは、輪です。季節の交替は輪に如き端がないという意味です。

②太過不及:「太過」は盛んになり、有余(余りがあること)で、「不及」とは衰弱し、不足であることです。

古代中国で十の天干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)を用い、年・月・日・時刻を表していた。中に、甲丙戊庚壬は五陽干で、乙丁己辛癸は五陰干とされます。陽干は運気有余(太過)で、陽干は運気不足(不及)となります。例えば、甲と己は同じく土運ですが、甲子・甲戌・甲申・甲午・甲辰・甲寅年に逢うと「土運太過の年」で、己已・己卯・己丑・己亥・己酉・己未年に逢うと「土運不足の年」だとされます。他も類推できます。

③五気更立:五運の気が交替の時間を指します(例えば、立春)。五気が互いに勝克し、盛衰の変化が常にあるのは正常現象です。

④平気・無過:「無過」とは、五運の気が太過でもなく不足でもないことで、すなわち平気(平常の気候)です。五運の気が太過の場合に抑えられ、不足の場合に助けられたら、平気になります。例えば戊辰年、主運の戊は陽火に属すが、客運の辰は太陽寒水であるため、「太過の火」が太陽寒水に抑えられ、平気の年と成ります。

⑤所勝・所不勝:「所勝」とは、尅すという意味です。春勝長夏=春は長夏を尅す。春(木)の所勝は長夏(土)、長夏(土)の所不勝は春(木)です。他も類推できます。

⑥得五行時之勝、各以気命其藏:季節は五行の規律で相互勝負する。なお、五気の属性が五臓をそれぞれ影響するため、五気で五臓を命名する(例えば、肝を木臓と言う)。

⑦求其至也、皆歸始春:「至」は、気候が始まる時刻です。「始春」は立春の日です。気候の到来を追求するには、いつも立春から推算する。

⑧未至而至、此謂太過、則薄所不勝、而乘所勝也、命曰気淫:「薄」は迫る(脅迫)の意味で、「乘」は威圧(いじめ)の意味です。

(天気が季節外れ、例えば)その季節の気候が先に来ると、太過といいます。太過の気はその所不勝の気を侮辱し、その所勝の気を威圧する。これを「気淫」と言います。

⑨不分邪僻内生、工不能禁:王氷が「この十文字の位置は間違っていて、下文“五治”の下は本来の意味であるから、ここは省略する」と主張した。

⑩至而不至、此謂不及、則所勝妄行、而所生受病、所不勝薄之也、命曰気迫:「所生」は“我を生んだ者”(例えば、木の所生は水)です。

(天気が季節外れ、例えば)ある季節になっても該当する気候にならないと、不及といいます。ある気が不及すると、その所勝の気が制約されず、妄行とする;その所生の気が助けられず、病になる;その所不勝の気がさらに迫ってくる。これを「気迫」と言います。

⑪所謂求其至者、気至之時也:いわゆる「求其至」とは、節気がくる時期で気候推測することである。

⑫謹候其時、気可与期。失時反候、五治不分、邪僻内生、工不能禁也:慎重に気候の変化を待つこと、気候の変化を予測することは可能です。もし、気候を間違え、或は気候と季節の相応関係を反して行動したら、五気の主気が分からないと、邪気が内擾し、人が病になる。上手な医師でもそれを抑えることができなくなる。

【説明】本節は、五気の交替が人体への影響を述べました。五運の気の盛衰を把握することは、疾病を治療するのに必要な前提です。特に流行性疾病は、五気の盛衰と密接な関係しています。

五行の所勝と所不勝の相剋関係で推論して、「気淫」と「気迫」という概念を出しました。これは、五臓に疾病が発生するのも自然気候に影響を受け、五臓疾病の伝変は一定な規律があるという観点を説明しています。しかし、疾病の発生と発展は、多種の素因に影響されるから、勉強の際、あまり拘らないほうがよいでしょう。


(李)
[PR]
by jbucm | 2012-11-08 10:53 | 中医学 | Comments(0)