カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


蘇東坡と中医薬の話―其の⑦

こんにちは、周です。今回は蘇東坡と中医薬の話―其の⑦です。

蘇東坡は杭州の刺史(官名、地方官の一種)に在任期間中、三台山にある寺の老和尚と仲が良くて、二人は会って詩歌を吟じます。ある初秋の日、二人の話を弾んで、深夜まで続きました。蘇東坡は山中の寺から家まで帰りました。翌朝、頭痛・鼻塞(鼻詰まり)・悪寒という風寒症状が出ました。老和尚から届けられたある中薬(生薬)を飲んだ後治りました。後に老和尚に確認したーその中薬は白芷でした。

白芷は杭州特産の地道薬材(本場の生薬である)であります。杭州の杭に因んで、杭白芷とも言います。また、気味の芳香性があるから、香白芷とも呼ばれます。
f0138875_15233972.jpg


白芷(杭白芷・香白芷・川白芷とも言う)の効能を紹介します。
性味帰経:辛・温、肺胃経に帰経する
効能:袪風解表・燥湿・止痛、消腫排膿
主治:外感風寒、陽明経頭痛・歯痛、瘡瘍(皮膚化膿症)腫痛、寒湿帯下証(白帯過多)、皮膚掻痒症に用いられます。

≪本草綱目≫にこう記載されています:治鼻渊鼻衂、歯痛、眉稜骨痛。
また、「長肌膚、潤沢顔色、可做面脂」と記載してあり、歴代医家は美容薬として使われています。白僵蚕・白附子・菟絲子と配伍し、粉末して、顔パックにします(美白作用あります)。玉竹・川芎・防風と配伍し、食用醋(お酢)を加え、ペースト状にして食べます(黄褐斑の治療に有効です、黄褐斑は皮膚病の一種です)。
≪本草求真≫にこう記載されています:気温力厚、通竅行表、為足陽明経袪風湿主薬、故能治陽明経一切頭面諸疾。
[PR]
by jbucm | 2013-01-21 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九) >>