カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


中高年者に良い、「単味」良方ーその1

こんにちは、周です。今回からは中高年者に良い、「単味」良方の紹介です。

加齢によって、身体各臓器の効能が衰弱・老化し始め、疾病に対する抵抗力も徐々に低下し、病気になりやすくなります。普段の日常生活での「自我保健」(自分の健康管理)は、重要となってきます。
ここで、中国で使われている「単味」良方を紹介させて頂きます。
(「単味」:中薬用法の1つである、薬・或は食物1つのみで、他薬・食物の補助を必要としないこと)

1回目:高血圧

大根
①新鮮の大根汁、生飲(そのままを飲む)。1回20cc、1日2回、1週間を継続する。
②新鮮の大根汁150cc、黒砂糖50gを加えよく混ぜる。2回に分けて飲む。
③新鮮の大根150g、蜂蜜適量を加え、炖(薬膳調理法の1つである、柔らかくまで煮込む)する、1日2回。

食用人参
①食用人参の汁200~400cc、2回に分けて飲む。
②食用人参1本、乱切りして、粳米100g、薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。糖尿病にも良い。

トマト
①新鮮のトマト、毎日の朝・空腹時に、1~2個を食べる。
②新鮮のトマト1個分の汁、毎日の朝晩に飲む。
③新鮮のトマト1個分の汁、毎回食後に飲む。

ほうれん草
ほうれん草適量を湯通し、和え物にして、毎日の朝晩食べる。

セロリ
①ジューサーで新鮮のセロリの汁を取り、少し砂糖を加え、お茶代わりに毎日飲む。
②セロリ500g、苦瓜100g、適量の水を加えて煎じて飲む。
③セロリ60g、大棗30g、適量の水を加えて煎じて、お茶代わりに毎日飲む。
④セロリ30g、淡菜(貽貝の干し物)30g、豚肉の赤身30g。豚肉は、柔らかくまで煮て、セロリ・淡菜を加え、5分位煮、塩で味を調える。

金針菜(黄花菜)、胡瓜、サツマイモ
金針菜適量(15~30g)を水で煎じて飲む。
胡瓜1本、生食・或はジューサーで汁を取り、毎日2回。
サツマイモ・センマイ 各90g、薬米同煮法でお粥を作る。朝晩1回ずつ食べる。

大蒜
①大蒜2~3片のおろしに、沖服(熱湯を注ぐ)。
②大蒜の皮を剥く、酢に浸け、数日後(翠緑色に変ったら)出来上がり。毎日朝空腹時に2~3片を食べる、浸け酢も1口を飲む。
③大蒜30g、粳米100g。薬物提汁同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。
④大蒜・呉茱萸 各10g。搗きつぶし、両足心(両足の裏)に外用する(両足の裏に置き、包帯で固定して、24時間後に外す)、3日間1回。

玉葱
玉葱120g,千切りして油で炒め、塩少々加え(味を調える)食べる。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2013-03-04 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十六) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十五) >>