カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十七)

霊枢・五味第五十六④

【原文】五宜①:所言五色②者、脾病者、宜食秔米飯、牛肉、棗、葵。心病者、宜食麥、羊肉、杏、薤。腎病者、宜食大豆黄卷、猪肉、栗、藿。肝病者、宜食麻、犬肉、李、韭。肺病者、宜食黄黍、鷄肉、桃、葱③。

五禁:肝病禁辛、心病禁咸、脾病禁酸、腎病禁甘、肺病禁苦④。

【注釈】①五宜:『太素・巻二・調食』、『霊枢集注』などの注釈によると、この二文字を無くしても良いということです。

②五色:『太素・巻二・調食』の注釈では、この二文字は「五宜」の誤字である。上下文の内容の分析によれば、「五宜」であるべきです。

③脾病者、宜食秔米飯、牛肉、棗、葵~肺病者、宜食黄黍、鷄肉、桃、葱:上文(前回の分)の続きであり、五臓が病気になった時に、その相応する五味の食物を選択します。所謂、脾病の者は、粳米のご飯、牛肉、棗、葵を食べるのが宜しい;心病の者は、麥、羊肉、杏、薤を食べるのが宜しい;腎病の者は、大豆のもやし、豚肉、栗、藿を食べるのが宜しい。肝病の者は、胡麻、犬肉、李、韭を食べるのが宜しい;肺病の者は、もち黍、鷄肉、桃、葱を食べるのが宜しいです。

④肝病禁辛、心病禁咸、脾病禁酸、腎病禁甘、肺病禁苦:五臓の病気は五味に対してそれぞれの禁忌もあります。肝病は辛味を忌み、心病は咸味を忌み、脾病は酸味を忌み、腎病は甘味を忌み、肺病は苦味を忌むべきです。ここは、五臓が虚証の場合の話です。つまり、虚証の場合は、その所不勝(五行理論でそれを尅す方)の味が禁忌します。例えば、肝は木に属し、(肝)木の所不勝は(肺)金で、金の味は辛なので、肝の虚証に辛味が禁忌されます。他も同じ道理です。『霊枢集注・巻七』にこう記載されています:五味五気に、相生と相剋があり、補と瀉もあるため、五臓の病に勝尅の味は禁止する(相乗することを防ぐためです)。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-03-14 10:38 | 中医学 | Comments(0)
<< 松香 中高年者に良い、「単味」良方-その1 >>