カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方 その2

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

2回目:心臓病

茘枝(ライチ) 心悸に有効、失眠健忘にも有効
茘枝5~7個、そのまま食べる・或いは水煮して食べる・飲む。

桂圓(竜眼肉) 心悸に有効
桂圓15~30g、煎じて寝る前に飲む。

蓮子 心悸に有効、心煩口乾にも有効
蓮子(蓮子芯も使う)・百合 各30g、麦門冬12g、煎じて飲む。

猪心(豚の心臓)血虚心悸・面色無華に有効
①猪心スライス300g、大棗10個(去核・種を取り除く)、適量の水を加え、文火で40分位煮る、塩で味を調える。
②猪心スライス300g、硃砂10g、炖(薬膳調理法の1つである)する。

百合 (陰虚火旺による)心悸に有効
百合60g、玉子2個、砂糖或いは氷砂糖適量。(百合に)300cc水を加え、柔らかくまで煮る。卵黄(玉子の卵黄のみ使う)をかき混ぜた後、百合の煎じ液に入れながらかき混ぜる。沸騰したら、砂糖或いは氷砂糖で味を調える。1日2回に分けて食べる。桑椹・五味子・蓮子を加えても良い。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2013-03-25 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十九) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(十八) >>