「単味」良方 その2

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

2回目:心臓病

茘枝(ライチ) 心悸に有効、失眠健忘にも有効
茘枝5~7個、そのまま食べる・或いは水煮して食べる・飲む。

桂圓(竜眼肉) 心悸に有効
桂圓15~30g、煎じて寝る前に飲む。

蓮子 心悸に有効、心煩口乾にも有効
蓮子(蓮子芯も使う)・百合 各30g、麦門冬12g、煎じて飲む。

猪心(豚の心臓)血虚心悸・面色無華に有効
①猪心スライス300g、大棗10個(去核・種を取り除く)、適量の水を加え、文火で40分位煮る、塩で味を調える。
②猪心スライス300g、硃砂10g、炖(薬膳調理法の1つである)する。

百合 (陰虚火旺による)心悸に有効
百合60g、玉子2個、砂糖或いは氷砂糖適量。(百合に)300cc水を加え、柔らかくまで煮る。卵黄(玉子の卵黄のみ使う)をかき混ぜた後、百合の煎じ液に入れながらかき混ぜる。沸騰したら、砂糖或いは氷砂糖で味を調える。1日2回に分けて食べる。桑椹・五味子・蓮子を加えても良い。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2013-03-25 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm