「単味」良方 その2

こんにちは、周です。前回の続きです。

党参 心悸に有効
党参30g、当帰15g、猪心(豚の心臓)1個。猪心は中に血塊を取って、綺麗に洗った後、炖盅(薬膳料理によく使う容器)に入れ、蒸し器で2時間蒸す。塩で味を調える。補益心脾・養血安神作用が増強できるので、竜眼肉を加えても良い。

熟(制)附子 心悸に有効
熟(制)附子10g、薏苡仁20g、生姜15g、白米100g。薬物提汁米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。

紅花 心血瘀阻証に有効
紅花9g、猪心1個。猪心は中に血塊を取って、綺麗に洗った後、炖盅(薬膳料理によく使う容器)に入れ、蒸し器で2時間蒸す。塩で味を調える。行氣活血止痛作用が増強できるので、 薤白・山楂を加えても良い。

(薬用)人参 心陽不振に有効
人参・肉桂 各5g、猪心1個。猪心は中に血塊を取って、綺麗に洗った後、炖盅(薬膳料理によく使う容器)に入れ、蒸し器で2時間蒸す。塩で味を調える。

黒木耳(黒木クラゲ)
黒木耳30g、豚肉(もも肉)60g。黒木耳は水で戻す、豚肉は食べやすいサイズに切る。適量の水を加え、30分位煮る。

以下の食物・中薬は心臓病に有効です。食べ方・作り方は省略します。
玉子、大棗、白木くらげ、瓜蔞、穿心蓮、玉竹、丹参、葛根花、何首烏、山薬、黄精、冬虫夏草、甘草、桂枝、三七、淫羊藿、萬年青

炖盅です。
f0138875_15555549.png

[PR]
by jbucm | 2013-04-08 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm