カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(二十三) 

霊枢・海論第三十三②

【原文】黄帝問于岐伯曰:余聞刺法于夫子、夫子之所言、不離于営衛血気①。夫十二経脈者、内属于府藏、外絡于肢節②、夫子乃合之于四海乎③?岐伯答曰:人亦有四海、十二経水。経水者、皆注于海。海有東西南北、命曰四海④。

黄帝曰:以人応之奈何⑤?岐伯曰:人有髓海、有血海、有気海、有水穀之海、凡此四者、以応四海也⑥。

【注釈】①余聞刺法于夫子、夫子之所言、不離于営衛血気:「夫子」は岐伯のことです。私が貴方(岐伯)に刺法を聞くと、貴方の話はいつも営衛気血の話を離さない。

②夫十二経脈者、内属于府藏、外絡于肢節:人体の中、営衛気血を運行する十二経脈は、体内では五臓六腑に所属し、体外では四肢や関節と繋いている。

③夫子乃合之于四海乎:貴方はそれら(十二経脈)を四海と結びつけられるか。

④人亦有四海、十二経水。経水者、皆注于海。海有東西南北、命曰四海:人体にも四海があり、十二経脈と対応し、「十二経水」と言う。経水は皆海中に注ぐ。なお、自然界の海は東・西・南・北の四つあり、「四海」と命名している。

⑤以人応之奈何:人体はどうして四海と相応するか。

⑥人有髓海、有血海、有気海、有水穀之海、凡此四者、以応四海也:人体は、髓海、血海、気海と水穀の海がある。この四つの海は、自然界の四海に相応する。

【説明】本段は、人体にある「四海」、即ち髓海、血海、気海と水穀の海の名称を紹介した。四海は、営衛気血を運行する十二経脈や、五臓六腑などと繋がっていることを説明しました。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-04-25 10:30 | 中医学 | Comments(0)
<< ゴールデンウィーク休みのお知らせ 「単味」良方 その3 >>