カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(二十四)

霊枢・海論第三十三③

【原文】黄帝曰:遠乎哉!夫子之合人天地四海也、願聞応之奈何?岐伯答曰:必先明知陰陽表裏滎輸所在、四海定矣⑦。黄帝曰:定之奈何?岐伯曰:胃者、水穀之海、其輸上在気街、下至三里⑧;衝脈者、爲十二経之海、其輸上在于大杼、下出于巨虚之上下廉⑨;膻中者、爲気之海、其輸上在于柱骨之上下、前在于人迎⑩;脳爲髓之海、其輸上在于其蓋、下在風府⑪。

【注釈】⑦必先明知陰陽表裏滎輸所在、四海定矣:(人体の四海を自然界の四海との関係を繋げる前に)必ず先に人体の陰陽・表裏及び経脈の滎・輸穴など分布状況を明確しなければならない。そうすれば、人体の四海を確定できる。十二経脈にそれぞれ、井・滎・輸・経・合穴があるが、ここの「滎輸」は四海が流注する穴のことです。

⑧胃者、水穀之海、其輸上在気街、下至三里:胃は、水穀を受けるから、水穀の海を称する。胃の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が気街穴(別名:気衝穴)であり、下は足の三里穴まで至る。

⑨衝脈者、爲十二経之海、其輸上在于大杼、下出于巨虚之上下廉:衝脈は、十二経脈と密接な関連がある、故に十二経の海と称する。衝脈の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が大杼穴で、下が上巨虚と下巨虚である。

⑩膻中者、爲気之海、其輸上在于柱骨之上下、前在于人迎:膻中は宗気が集まる場所で、気の海と称する。其の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が天柱骨(頚椎骨)の上にある唖門穴と天柱骨の下にある大椎穴であり、前には人迎穴がある。

⑪脳爲髓之海、其輸上在于其蓋、下在風府:脳の中に髄液が充満しているから、髓の海と称する。其の気血が輸注する重要な穴の位置は、上が于頭蓋骨中央にある百会穴であり、下が風府穴である。

(続く)


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-05-09 10:35 | 中医学 | Comments(0)
<< 金元四大家 劉完素 ゴールデンウィーク休みのお知らせ >>