カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(二十七)

霊枢・本輸第二①

篇名について
「輸」とは転輸である。身体にある「穴」は、気血が出入りする処なので、輸穴と称し、略して「輸」と言います。『内経』の中は、輸・腧・兪三つの文字は通用されています。「本」とは源の意味です。本篇の内容は主に五臓六腑の諸輸穴を論述するので、篇名を『本輸』とされています。

本篇の内容について
1、五臓六腑十二経脈が肘、又は膝以下にある重要な腧穴(井・滎・輸・原・経・合穴)の名称、五行属性及び部位を詳しく紹介した。(井・滎・輸・経・合穴を「五輸穴(ごゆけつ)」と言います。なお、十二經に「原穴(げんけつ)」が一つずつあり、陰経の「原穴」は「輸穴」と同じですが、陽経では別になります)。

2、頚項部にある、手足六陽経と任・督脈が頭面部へ上行する時、必ず通らなければならない処である、八つの穴とその順序を簡単に紹介した。

3、臓腑の表裏配合関係と六腑の生理機能を紹介した。

4、春夏秋冬四季に針刺の取穴原則を説明した。

五輸穴について
『霊枢集注・巻一』にこう説明しました:「本篇は五臓六腑の脈を論じ、皆(手足の)指先の井穴から出て、滎穴に流通し、輸穴へ流れ込み、経穴に運行し、合穴に入る。四肢に経由し臓腑と通じる、これは経脈の始終である……」。

「井(せい)」とは、泉が始めに出るところです。井穴は、四肢の末端にあり、十二經脈の血気流行の起点です。陰経の井穴は五行の木に属し、陽経の井穴は五行の金に属します。

「滎(えい)」とは、音・意ともに渓と同じです。経気は井穴を出て、指先から肘(膝)まで流れながら段々溜まり、滎穴に至る。まだ盛んにならないが、渓流に成ります。

「輸(ゆ)」とは、運輸の意味です。経気がここまでに至ったら、他の処へ運輸できます。ここの「輸穴」は特定な穴、狭義的です。

「経(けい)」とは、「流れの経過」を意味します。経気がこの穴まで来たら、さらに旺盛になります。

「合(ごう)」とは、集合するという意味です。経気がこの穴まで流れ、集まって体内へ入り込みます。


では、次回から数回に分けて、本篇の原文を解釈と説明をしましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-05-30 10:22 | 中医学 | Comments(0)
<< 「単味」良方の紹介 その5 「単味」良方 その4 >>