カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(三十)

霊枢・本輸第二④

【原文】脾出于隠白、隠白者、足大指之端内側也、爲井木;溜于大都、大都、本節①之後、下陷者之中也、爲滎;注于太白、太白、腕骨②之下也、爲輸;行于商丘、商丘、内踝之下、陷者之中也、爲経;入于陰之陵泉、陰之陵泉、輔骨之下、陷者之中也、伸而得之、爲合。足太陰也。

腎出于湧泉、湧泉者、足心也、爲井木;溜于然谷③、然谷、然骨之下者也、爲滎;注于太谿、太谿、内踝之後、跟骨之上陷中者也、爲輸;行于復留④、復留、上内踝二寸、動而不休、爲経;入于陰谷、陰谷、輔骨之後、大筋之下、小筋之上也、按之応手、屈膝而得之、爲合。足少陰経也。

膀胱出于至陰、至陰者、足小指之端也、爲井金⑤。溜于通谷、通谷、本節之前外側也、爲滎。注于束骨、束骨、本節之後陷者中也、爲輸。過于京骨、京骨、足外側大骨之下、爲原⑥。行于崑崙、崑崙、在外踝之後、跟骨之上、爲経。入于委中、委中、膕中央、爲合、委而取之。足太陽也。

【注釈】①本節:趾骨(基節骨)です。

②腕骨:太白穴は核骨の下にあるので、ここは誤りです。『甲乙・巻三・三十』、『太素・巻十一・本輸』などの書物に、みんな「核骨」になっています。「核骨」は第1中足骨の遠位部にある円形突起の部分です。

③然谷:「然」は「燃」と通じます。『甲乙・巻三・三十』にこう言いました:「然谷(ねんこく)は、火であり、竜淵(りゅうえん)ともいい、足の内踝前大骨(舟状骨)下のくぼみの中、足少陰脈の所溜で、滎穴である。」

④復留:『霊枢集注』、『甲乙・巻三・三十二』などの書物に、みんな「復溜」になっています。

⑤井金:陽経の井穴は皆金に属します。陰陽相生の意味も示します。陰陽各経脈五輸穴の五行属性は次です:陰経は井(木)・滎(火)・輸(土)・経(金)・合(水)であり、陽経は井(金)・滎(水)・輸(木)・経(火)・合(土)です。

⑥原:原穴です。陰経にはない(輸穴と同じ)が、陽経は輸穴の次のツボになります。原穴は、腎の原気が三焦を経由し経脈に到達するところです。『難経・六十二難』にこう言いました:臓(陰経)に井滎など五つあるが、腑(陽経)に六つある、なぜ?理由は、腑が陽に属し、三焦は諸陽経に走行するから、陽経に一つ輸穴を置き、「原」と名付ける。そのため、腑に六つある。これで、三焦と繋がっている。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-07-04 10:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 韓信草(半枝蓮)の由来 「単味」良方 その6 >>