カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その7

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

7回目:貧血

ほうれん草
①ほうれん草適量、玉子2個。ほうれん草茹でた後、玉子をかき混ぜながら加える、調味料で味を調える。常食する。
②ほうれん草・粳米 各250g。粳米でお粥を作る。ほうれん草は、さっとお湯を通して、冷たい水で流し、食べやすいサイズを切る。ほうれん草は、お粥に入れて、再沸騰させて、2分間位煮る。調味料(塩・味の素)で味を調える。空腹時に食べる、毎日1~2回、常食する。便秘にも有効。

大棗
①大棗10個、茶葉5g、砂糖10g。大棗・砂糖は、適量の水を加えて、(大棗は柔らかくまで)煎じる。茶葉がその煎汁に混ぜながら入れる。
②大棗・黒豆 各50g。適量の水を加え、黒豆は柔らかくまで煮る。毎日2回、2ゕ月間服用する。
③大棗30個、黒木クラゲ30g。上記ものを、炖する。
④大棗10個、羊の心臓1個。羊の心臓は、綺麗に洗い、食べやすいサイズに切る。大棗と一緒に、炖盅で炖する。塩で味を調える。
⑤大棗・黒豆 各30g、糯米100g、黒砂糖適量。黒豆・糯米は、柔らかくまで煮る。大棗も加え、再び煮る。黒砂糖で味を調える。毎日1~2回。
⑥大棗250g、花生米(落花生・去殻)250g、大豆500g。上記ものを、適量の水を加え、武火(強火)で沸騰させ、文火(弱火)柔らかくまで煮る。ドロドロ状(「羮」と呼ばれる)になるまで水分を蒸発させる。朝晩・毎日2回、大匙3~5匙、お湯で沖服する、1週間で全部食べ終わらせる。1~2ヵ月継続する。蜂蜜を加えても良い。鉄欠乏性貧血や慢性出血性貧血には、最適である。
⑦大棗20個、当帰10g、黄芪20g。煎じて飲用する。産後血虚には、最適である。

竜眼肉
  竜眼肉4~6個、蓮子・芡実 各10g。上記ものを、炖する。寝る前に服用する。
  神経虚弱、心悸、盗汗にも有効。
  
豚肝(豚レバー) 滋陰補血・養肝明目作用がある。
①豚肝60g、ほうれん草250g。豚肝は、スライスして、ほうれん草は、綺麗に洗い、2~3cmに切る。豚肝とほうれん草を一緒に沸騰したお湯に入れて、熟したら、調味料(お酒・醤油・塩)で味を調える。
②豚肝・大豆 各100g。大豆は、(8分まで)熟したら、豚肝を加えて、熟するまで煮る。毎日1回、3週間を継続する。
  
羊肝(羊レバー)
羊肝50g、ほうれん草150g。羊肝は、スライスして、ほうれん草は、綺麗に洗い、2~3cmに切る。羊肝とほうれん草を一緒に沸騰したお湯に入れて、熟したら、調味料(お酒・醤油・塩)で味を調える。

兎肉
①兎肉100~200g、大棗10~15個。上記ものを、上記ものを、炖する。
②兎肉1000g、大棗250個。兎肉は、食べやすいサイズに切る、調味料(醤油・砂糖・黄酒=うるちまたはもち米で作る醸造酒、紹興酒はその代表的なもの・五香調料=中国の調味料、5つ→花椒・茴香・肉豆蔲・縮砂・丁香という香辛料から調合され、最も常用される)で味付ける、文火で炖する、(7分まで)熟したら、大棗も入れて炖する。益気養血作用があり、消痩・貧血に最適する。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-07-15 12:56 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(三十一) 2013年北京中医薬大学研修旅... >>