「単味」良方の紹介 その8

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

8回目:糖尿病

大根
①新鮮の大根(皮も使う)を綺麗に洗い、下ろして(汁100ccを取る)、調味料を加えないで、汁をそのまま飲む(朝晩 各100cc)、1クールは15日間で、6クールを継続する。
②新鮮の大根(皮も使う)を綺麗に洗い、下ろして(汁100ccを取る)、粳米100g・適量の水を加えお粥にする。朝晩2回に分けて、温めてから食べる。脾胃虚弱のものは、過食しないこと。
③新鮮の大根・(食用)人参2500g、粳米50g、 薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る、朝晩各1回食べる。口渇多飲・消穀善飢・形体消痩・体弱・大便燥結・舌質紅・苔黄燥・脈滑数の者に適応する。

(食用)人参
(食用)人参2~4本、生(そのまま)或は煮て食べる、朝晩各1回。

ほうれん草の根
ほうれん草の根60~120g、鶏肉15g。先ず鶏肉を柔らかくまで(約30分)煮る、ほうれん草を加えて、熟するまで加熱する、2~3回に分けて食べる。清熱止渇作用があるので、飲水無度型(タイプ)に有効。

セロリ
①セロリ500g、煎じて飲む。
②セロリ500g、綺麗に洗って、ジューサーで汁を取る。毎日2回に分けて飲む。
③セロリ450g (食用)人参50g 椎茸(生)50g 葱・味の素適量、油で炒めて、塩で味を調える。

サツマイモの葉
新鮮のサツマイモの葉・冬瓜 各適量 煎じて飲む。

南瓜
①南瓜250g スープを作る。朝晩各1回、1ゕ月継続服用する、病情が安定したら、乾燥させた南瓜を粉末にして、毎回30gをお湯で飲む、毎日1~2回。気陰両虚型に有効。
②南瓜500g、炒めて食べる。
③乾燥した南瓜を粉末にして、毎回100gをお湯で飲む、毎日2回。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-08-19 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm