カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(三十九)

素問・太陰陽明論篇第二十九②

【原文】黄帝問曰:太陰、陽明爲表裏、脾胃脈也。生病而異者何也?岐伯對曰:陰陽異位①、更虚更実②、更逆更從③、或從内、或從外④、所從不同、故病異名也。

帝曰:願聞其異状也。岐伯曰:陽者天気也、主外;陰者地気也、主内。故陽道実、陰道虚⑤。故犯賊風虚邪者、陽受之;食飮不節、起居不時者、陰受之。陽受之則入六府;陰受之則入五藏。入六府則身熱、不時臥⑥、上爲喘呼;入五藏則*(月へんに真)滿閉塞、下爲飧泄、久爲腸僻。故喉主天気、咽主地気。故陽受風気、陰受湿気。故陰気從足上行至頭、而下行循臂至指端;陽気從手上行至頭、而下行至足。故曰:陽病者、上行極而下;陰病者、下行極而上。故傷於風者、上先受之;傷於湿者、下先受之。

【注釈】①陰陽異位:陰は太陰脾、陽は陽明胃を指します。異位とは、二つ方面の意味があり、其の一は、経脈の循行に上行と下行の異なりを指す。其の二は、臓腑陰陽の所主の違いを指します。

②更虚更実:『太素・巻六・蔵府気液』に次のように説明しています:「春夏に陽明は実、太陰は虚であり、秋冬に太陰は実、陽明は虚である。」

③更逆更從:『素問注証発微・巻四』にこう記載しています:「春夏に太陰は逆、陽明は從である;秋冬に陽明逆、太陰は從である。これを更逆更從と言う」。春夏は陽であるので、陰盛なら「逆」となり、秋冬の場合は「從」となります;秋冬は陰であるので、陽盛なら「逆」となり、春夏の場合は「從」となります。なお、『類経・疾病類・十三』には、「逆」を病、「従」を不病と解釈しています。

④或從内、或從外:幾つの解釈があるが、『太素・巻六・蔵府気液』に、手足の三陰は内から外へ、手足の三陽は外から内へという解釈があって、こちらに従います。意味は、内から発病の場合もあれば、外から発病の場合もあり、発病の場所によって病名も異なります。

⑤陽道実、陰道虚:「陽」は胃府で陰は脾蔵のこと、「道」は規律、性質と特性を指します。『素問・五蔵別論』に書かれてある「六腑主伝導、実而不能満;五臓主蔵精、満而不能実」と同じ意味です。なお、『類経・疾病類・十三』には、「胃は三陽の属するから、天気を主る;脾は三陰に属するから、地気を主る。」また、「外邪が余るから故に胃病(陽道)は実、内傷が不足が多いから故に脾病(陰道)は虚という」と説明してあります。

⑥不時臥:「時」は「得」の誤字です。「不得臥」とは横になることができない。

【説明】本節は、太陽と陽明が生理上の区別を述べてから、発病の違いも詳しく説明しました。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-09-19 09:47 | 中医学 | Comments(0)
<< 骨碎補の由来 「単味」良方の紹介 その8 >>