国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

「単味」良方の紹介 その8

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

9回目・糖尿病の続き

猪肺(豚の肺蔵)
猪肺1個、羅漢果1~2個。猪肺は綺麗に洗い、食べ易いサイズに切り、適量の水を加え、羅漢果と一緒に1時間位煮る。羅漢果は捨て、スープ(肺を食べてもよい)を2日に分けて飲む。

猪肚(豚の胃袋)
①猪肚1個、粳米100g、豆豉・葱・花椒・生姜適量。猪肚は綺麗に洗い、適量の水を加え煮る。猪肚を取り出して、粳米を猪肚の出し汁に入れてお粥を作る。豆豉・葱・花椒・生姜で味を調える、1日3回に分けて食べる。猪肚は醤油に付けて食べてもよい。
②猪肚1個、葱白・豆豉適量。猪肚は綺麗に洗い、適量の水を加え、柔らかくなるまで煮る。葱白・豆豉で味を調える。猪肚を取り出して、食べ易いサイズに切り、空腹時に食べる、口渇時にスープを飲む。

兎肉
兎肉700g、生姜10g、黄酒50g、油・醤油・塩・胡椒(粉)・葱適量。兎肉を燜(調理法で一つ)熟して食べる。

田螺
田螺(大き目)10~20個 黄酒50g。田螺は一晩水に浸けてから螺肉(身)を取り出す。螺肉に黄酒を入れ、適量の水を加え、炖(調理法で一つ)熟して食べる。毎日1回。この方は、糖尿病消渇及び湿熱黄疸、小便不利に有効である。

黄鱔(タウナギ・カワヘビ、ウナギに似て食用する)
黄鱔250g、豚肉(赤身)100g、蚕繭(カイコのまゆ)10個。 1000cc水を加え、文火で500ccなるまで煮る。毎日1回食べる。1クールは30日間で、3クールを継続する。この方は、肝腎陰虚型糖尿に有効である

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-10-21 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)