カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


郭沫若と桑枝酒

こんにちは、周です。今回は郭沫若と桑枝酒を紹介します。

1959年、当時の中国社会科学院院長を務めた郭沫若(1892~1978年、中国の著名学者。詳しくはhttp://zhidao.baidu.com/question/38337458.html ご参照ください)は、右側肢体が麻痺・運動不利(半身不随)を感じ、日常的な生活に支障がありました。友人に中国中医研究院の特約研究員である、≪霊枢経白話解≫の著者である著名医家鄭卓人老先生を紹介されました。鄭卓人先生は、郭沫若の家に訪問診察に行きました。彼自分が収集した民間経験方―桑枝酒を、郭沫若に推薦しました。この方剤は、煎じる必要がありませんので、時間がなく・忙しい人に最適です。郭沫若は、処方された桑枝酒を、3ヵ月を服用し、右側肢体の運動不利を治しました。

桑枝酒の配伍・製法・服用方法を紹介します。
組成:炒桑枝100g、当帰・菊花・五加皮各60g、蒼朮・地龍・夜交藤各30g、川牛膝25g、絲瓜絡15g、木瓜12g、木通・炮附子各10g、黄酒5000g
製法:上記薬を瓶に密封する。10日間を経過してから、薬渣(滓)を取り出して、焙乾(焙って乾かす、炮製法の1種である)、研爲細末(粉々にすりつぶす)、その薬粉は、約0.3gを薬用カプセルに詰める。
服用方法:毎回3粒(個)、桑枝酒15~20ccで飲む、毎日3回。1クールは2ヵ月である。少し酔い程度でよいである。上半身麻痺・運動不利場合は、食事後に服用する。下半身麻痺・運動不利場合は、食事前に服用する。
[PR]
by jbucm | 2013-11-11 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 国際試験結果のお知らせ 2013年度北京研修旅行の写真 >>