カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(四十五)

素問・経脈別論篇第二十一④

【原文】食気入胃、散精於肝、淫気於筋①。
食気入胃、濁気帰心、淫精於脉②、脉気流経、経気帰於肺、肺朝百脉、輸精於皮毛③、毛脉合精、行気於府、府精神明、留於四蔵④、気帰於権衡、権衡以平、気口成寸、以決死生⑤。
飮入於胃、遊溢精気、上輸於脾、脾気散精、上帰於肺⑥、通調水道、下輸膀胱⑨、水精四布、五経並行⑩。合於四時五臟陰陽、揆度以爲常也⑪。

【注釈】①食気入胃、散精於肝、淫気於筋:「食気」とは食物(五穀)です。ここの「淫」は滋養の意味をします。五穀の「食気」が胃に入り、一部の精微が肝に輸送して、なお肝がその精微の気で筋を滋養する。

②食気入胃、濁気帰心、淫精於脉:ここの「濁気」は食気中に営養濃厚の部分を指す(『類経・臓象類・十二』、『霊枢・陰陽濁気篇』)、所謂営気です。五穀の「食気」が胃に入り、化生された精微の気(営気)が心に注ぎ、心がその気で血脈を滋養する。

①と②について、『素問経注節解・巻二』が次のように説明した:食物の化生は、清と濁がある。清は気に化し、気は無形で五臓を推動する。その布散は肝気に頼るので、故に「散精於肝」と言う。濁は血に化し、血は有形で心脈を経由して全身を営養する。故に、「濁気帰心」と言う。

③脉気流経、経気帰於肺、肺朝百脉、輸精於皮毛:なお、血脈に流れている精微の気が肺に到達し、また肺がそれを全身の百脈に輸送する。最後にその精気を皮毛まで届ける。

肺は気を主り、十二経の最初の経です。周身の経脈は肺経に合流する。気血が諸経脈に運行するには、肺気の推動に頼る。故に「肺朝百脉」と言う。

④毛脉合精、行気於府、府精神明、留於四蔵:「毛脉」とは気血、つまり肺が主る皮毛と心が主る脈のこと指す。「府」は膻中、つまり胸中を指す。「神明」とは運動変化が正常であることを指す。精(気血)が胸部で合流し、正常に変化しながら各臓腑まで遍く流れる。

⑤気帰於権衡、権衡以平、気口成寸、以決死生:(これらの正常な生理活動に)気血陰陽の平衡が必要です。気血陰陽の平衡具合が気口(寸口)の脈拍変化で判る。気口の脈拍が病人の生死を判断できる。

⑥飮入於胃、遊溢精気、上輸於脾、脾気散精、上帰於肺:飲(水液)が胃に入り、その精気が遊溢布散される、上行して脾に輸送され、なお脾気が散精し、肺まで布散する。

⑨通調水道、下輸膀胱:「水道」とは三焦のことです。(肺が清粛と治節を主り、肺気が運行して)三焦を通調し、(水液を)下の膀胱まで輸送する。

⑩水精四布、五経並行:水液と精気が五臓の経脈と並行し、周身へ布散される。

⑪合於四時五臟陰陽、揆度以爲常也:「揆度」は測度の意味です。四時(四季)寒暑と五臓陰陽の変化に応じ、適宜な調節する。これが経脈の正常な生理現象です。

【説明】本節は水穀が身体に入ってからの消化吸収及びその営養成分(精微)輸布過程を詳細に紹介した。

また、寸口脈の切診は諸経脈の変化を判断できると説明した。寸口の部位に肺の経脈が通っているだけではなく、肺経の経渠(経穴)、太淵穴(兪穴・原穴)のところに当てる。『難経・六十八難』に経と兪の両穴は気血流注が旺盛の所在だと指摘している、故に寸口脈が肺脈の変化を判断できる。なお、肺は「主治節、朝百脈」であるので、諸臓の気血平衡は肺脈の気口で現れる、故に寸口脈を「気口」と言い、「以決死生」と考える。


(李)
[PR]
by jbucm | 2013-12-19 10:51 | 中医学 | Comments(0)
<< 北京中医薬大学日本校年末年始休... 中国最初の西医院-広恵司 >>