カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(五十九)

霊枢・決気第三十③

(前回の続き)

【説明】本節は、精・気・津・液・血・脈という六気の概念、生成及びその性質と功能を説明した。

六気は、皆水穀精微から化生される。精は先天から受け継いだものですが、後天の補充と滋養が欠かせない;宗気は、上焦で開発されるものですが、形成するのに五穀の精気に頼る;津と液は、陰陽清濁の区別があるが、やはり「穀入気満」が生成の条件です;血は「受気」して「取汁」し心神により赤色の津液に化生されたものです;脈の「壅遏営気」の力は、脾胃の気に依頼している。故に、六気は異なる名称があるが、皆一つの気に化生されたものであり、故に「一気」と謂う。これも『内経』に「脾胃が本」という理論特徴の反映です。

なお、六気は同源であり、相互依存し相互転化しています。例えば、精と気について『陰陽応象大論』には「気帰精」、「精化爲気」;気爲血帥、血爲気母、気は生血するが、血の運行を推動する役もしている;血は載気し、気の流失を防げる働きがある。津と液は、陰陽清濁に区別されているが、本当は分けることができない、故に臨床では常に「津液」と称します。病理上の「津虧」のものは、「液燥」も存在する。


(李)
[PR]
by jbucm | 2014-04-17 10:33 | 中医学 | Comments(0)
<< 「単味」良方の紹介 その9 2014年度国際中医師試験を受... >>