カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その9

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

肥満症 2回目
茶葉
茶葉2g 牛乳100cc 砂糖少々 上記材料をお湯で沖飲する(注ぐ)。この方は、消肥満・提神明目・健脾胃・助消化という効能があります。

山楂
山楂15g 荷葉15g 決明子10g 全部材料を粉末にして煎じる、煎じ液はお茶代わりに飲む。


鯉1000g 蓽撥(ヒハツ)5g 生姜・香菜・料理酒・葱・味の素・お酢 各適量。
鯉は鱗を落とす、内臓を取り出して、綺麗に洗い、食べやすいサイズに切る。生姜・葱は、綺麗に洗う。鯉・蓽撥・生姜・葱は、土鍋に入れ、適量の水を加え、武火で沸騰させる。文火で40分炖する。味の素・お酢・香菜・料理酒で味を調える。この方は、消腫・利水作用があります。
f0138875_10244758.jpg

蜂蜜
南瓜適量、ジューサーで汁を取る、南瓜汁200cc対10gの比例で混ぜる、毎日夜2~3回に服用する。この方法は、心血管疾患・肥満症・肝腎臓疾病・水腫に有効で、同時に利尿・鎮痛作用があり、前列腺癌を補助治療もできる。


米を焦げ入りまで炒る。お粥にして食べる。毎回食べる量は自由(決まりがない)で、食べ過ぎは要注意。

大豆
文火で大豆を焙炒20分間、冷ましてから瓶に入れ、お酢で浸け、密封する。1週間後食べられる。毎日朝晩各1回、毎回5~10粒を食べる。


次回へ続く
[PR]
by jbucm | 2014-04-21 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(五十九) >>