カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その9


こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

肥満症 3回目
小豆
①小豆250g 米100g 塩・味の素少々 適量の水を加え、お粥にして食べる。
②小豆120g 山楂18g 大棗6個(去核) 適量の水を加え(スープ)煮る。毎日1回食べる。1クールは1ヵ月で、2クールを続ければ効果が期待できる。
服用期間中、食事の減量と食事後の30分散歩を当時にすれば、効果が良いである。
③小豆150g 鯉1条(内臓を取り除く)塩少々 適量の水を加え(スープ)煮る。

荷葉
①荷葉50~100g 煎じる。お茶代わりに飲む。3ゕ月を継続すると効果がある。
②荷葉・米 適量  薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作って食べる。2~3ゕ月を継続すると効果がある。
③荷葉10g 山楂15g 煎じてお茶代わりに飲む。
④荷葉60g 山楂15g 薏苡仁15g 陳皮5g  煎じてお茶代わりに飲む。毎日1剤、3ヵ月を継続する。この方は、去脂肪(脂肪を取り除く)・利水・行気・燥湿作用がある。
⑤荷葉2枚 豚肉150g 米粉・甜醤(調味料の1種)・生姜・砂糖・醤油・葱・大蒜・料理酒各適量 
荷葉は、適当のサイズに切る。肉は、食べやすいサイズに切る、米粉・甜醤・生姜・砂糖・醤油・葱・大蒜・料理酒を加え、よく混ぜる。肉は荷葉に乗せ包み、楊枝で留める。蒸し鍋で1時間蒸す。この方は、昇清・消暑・化熱・寛中・散鬱・降圧作用がある。

桑葉
霜降後の桑葉を摘んで干して備用する。前夜(夕方)に150ccの白湯に5g桑葉を入れ一晩浸ける、翌朝空腹時に飲む、再び白湯を入れて、昼間にお茶代わりに飲む。常服すると効果が良い。この方は、水腫・盗汗にも有効。

菊花
菊花10g 山楂10g 金銀花10g 上記生薬を煎じて、お茶代わりに飲む。この方は、化瘀消脂・清涼降圧作用もある。

薏苡仁
①薏苡仁30g 砂糖適量 薏苡仁は綺麗に洗い、土鍋に入れ、適量の水を加える。武火で沸騰させ、文火で薏苡仁はトロトロまで煨熬する。砂糖で味を調える。随時食べる。この方は、健脾除湿作用がある。
②薏苡仁30g 杏仁10g 氷砂糖適量 お粥にして、氷砂糖で味を調える。毎日1回食べる。

茯苓
茯苓粉・粳米粉 各等分 砂糖・油各適量 上記材料に適量の水を加えよく混ぜる(糊状にする)。薄餅(平ら鍋で薄くのばして焼く)にして食べる(主食としてもよい)。この方は、益胃補気・健脾消腫効果がある。

三七花
三七花10g 生山楂10g 玫瑰花3輪 上記生薬を煎じて、お茶代わりに飲む。この方は、冠状動脈の血流量を増加させる作用もある。
f0138875_15331140.jpg


枸杞
①枸杞30g お湯で沖服する。朝晩各1回、毎日1剤。
②枸杞10g 烏龍茶3g お湯で沖服する。
[PR]
by jbucm | 2014-04-28 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六... 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十) >>