カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


定心丸の由来


こんにちは、周です。今回は定心丸の由来を紹介します。

中国語の「吃了定心丸」という言葉があり、「もう安心した」を意味します。「定心丸」は、考え方や人を安心させる言葉や措置・行動を喩えます。皆さんは、「定心丸」が薬の1種でもあると思ってないでしょう?

「定心丸」の由来を紹介します。
「定心丸」は、古代からあるもので、しかも明代の軍隊の必須薬品であります。古代戦争は、残酷なもので、負傷した兵士を心神安定(気持ちを落ち着かせる)させるのは、とっても重要です。そこで、安定心神作用がある「定心丸」を開発しました。創製者は、明代の軍事家・茅元儀であります。
茅元儀(1594~1640年)は字を止生と言い、石民を号しました、浙江帰安(現在湖州)の人であります。祖父・茅坤は著名な文学者で、文武双全(文武両道)です。茅元儀は幼少から秉承家学(祖父の意図・指示などを受けてそのとおりにする)、特に「談兵」(軍事)が嗜好し、抗清(清を抵抗して戦う)名将・孫憲宗に随い南北を転戦しました。彼が著した《武備志》は、中国古代優秀な軍事大著で、全240巻があり、その著作に「定心丸」が載せています。定心丸は木香、硼砂、甘草、沈香、雄黄、辰砂(硃砂)等から組成されます。
附:薬効の紹介です。
木香:解痙、抗菌
硼砂:解毒、防腐
甘草:鎮痛、解毒
沈香:治嘔吐呃逆、胸腹脹痛
雄黄:治破傷風、惊癎
辰砂:癲狂、驚悸、腫毒、瘡瘍

写真は雄黄です。
f0138875_17465344.png

[PR]
by jbucm | 2014-05-26 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十五) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十四) >>