カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十六)

霊枢・営衛生会第十八⑤

【原文】黄帝曰:老人之不夜瞑者、何気使然?少壯之人不昼瞑者、何気使然①?岐伯答曰:壯者之気血盛、其肌肉滑、気道通、営衛之行、不失其常、故昼精而夜瞑②;老者之気血衰、其肌肉枯、気道渋、五藏之気相搏、其営気衰少、而衛気内伐、故昼不精、夜不瞑③。

【注釈】①老人之不夜瞑者、何気使然?少壯之人不昼瞑者、何気使然:老人はよく夜に熟睡できない、これはどの気によること?なお、壮年の人は日中に眠くならない、これはまたどの気によること?

②壯者之気血盛、其肌肉滑、気道通、営衛之行、不失其常、故昼精而夜瞑:「気道」とは、経脈のことで、気血営衛の運行通路です。『霊枢注証発微・巻二』に「気道通者、脈気の道也」との記載がありました。壮年の人は気血旺盛し、筋肉が滑利で、気道が通暢であるので、営衛の気が正常に運行される、故に日中は元気いっぱいで、夜はぐっすり眠れる。

③老者之気血衰、其肌肉枯、気道渋、五藏之気相搏、其営気衰少、而衛気内伐、故昼不精、夜不瞑:「伐」とは、「争う、妨げる」との意味です。老人は気血衰少、筋肉も痩せ、気道が通暢でなくなり、五臓の気が耗損される。なお、その営気が少ないから、衛気が中に入り込む、故に日中は元気がなく、夜も熟睡できない。

【説明】本節は、老人と壮年の人の睡眠を例にして、営衛二気が人体生理活動との密接な関係を説明した。壮年の人は気血が盛んになり、気道が通暢し、栄衛の気が正常に運行でき、故に日中に元気があった、夜になったら衛気が陰経に走行し、安眠できます。老人は気血不足し、気道が通暢でなくなり、営気が五臓を調和できず、日中に衛気がきちんと陽経を走行しないので、元気がない、夜もきちんと陰経を走行しないので、熟睡できない。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-06-05 10:29 | 中医学 | Comments(0)
<< 葉天士逸話 その1 葉天士 >>