『黄帝内経』筆記 蔵象学説(七十三)

霊枢・五癃津液別第三十六③

【原文】五藏六府、心爲之主、耳爲之聽、目爲之候、肺爲之相、肝爲之將、脾爲之衛、腎爲之主外⑧。故五藏六府之津液、盡上滲于目、心悲気并、則心系急。心系急則肺挙、肺挙則液上溢。夫心系與肺不能常挙、乍上乍下、故咳而泣出矣⑨。中熱則胃中消穀、消穀則虫上下作、腸胃充郭、故胃緩、胃緩則気逆、故唾出⑩。

【注釈】⑧五藏六府、心爲之主、耳爲之聽、目爲之候、肺爲之相、肝爲之將、脾爲之衛、腎爲之主外:五藏六府の主宰は心である、耳が聴覚を主り、目が兆候を見る、肺が宰相、肝が将軍のようである、脾が護衛のようで、腎が(骨を主り)外の形体を主る。

⑨故五藏六府之津液、盡上滲于目、心悲気并、則心系急。心系急則肺挙、肺挙則液上溢。夫心系與肺不能常挙、乍上乍下、故咳而泣出矣:五藏六府の津液が上にある目に注ぐ、もしこころに悲さと気が併合したら、心系が気ぜわしい。心系が気ぜわしくなると肺葉が挙がる、肺葉が挙がると津液が上に溢れる。しかし、心系が気ぜわしくなる時に肺葉が常に挙がることができない、上がったり、下がったりするから、故に咳して涙がでる(むせび泣くことです)。

⑩中熱則胃中消穀、消穀則虫上下作、腸胃充郭、故胃緩、胃緩則気逆、故唾出:中焦に熱があると、胃中に水穀を速く消化する、それで腸にいる寄生虫が上下に動く;水穀で腸胃が充満している場合は、胃の動きが緩慢で気が上逆する、故に唾液が出る。

(続く) (李)
[PR]
by jbucm | 2014-07-31 09:50 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm