カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(七十三)

霊枢・五癃津液別第三十六③

【原文】五藏六府、心爲之主、耳爲之聽、目爲之候、肺爲之相、肝爲之將、脾爲之衛、腎爲之主外⑧。故五藏六府之津液、盡上滲于目、心悲気并、則心系急。心系急則肺挙、肺挙則液上溢。夫心系與肺不能常挙、乍上乍下、故咳而泣出矣⑨。中熱則胃中消穀、消穀則虫上下作、腸胃充郭、故胃緩、胃緩則気逆、故唾出⑩。

【注釈】⑧五藏六府、心爲之主、耳爲之聽、目爲之候、肺爲之相、肝爲之將、脾爲之衛、腎爲之主外:五藏六府の主宰は心である、耳が聴覚を主り、目が兆候を見る、肺が宰相、肝が将軍のようである、脾が護衛のようで、腎が(骨を主り)外の形体を主る。

⑨故五藏六府之津液、盡上滲于目、心悲気并、則心系急。心系急則肺挙、肺挙則液上溢。夫心系與肺不能常挙、乍上乍下、故咳而泣出矣:五藏六府の津液が上にある目に注ぐ、もしこころに悲さと気が併合したら、心系が気ぜわしい。心系が気ぜわしくなると肺葉が挙がる、肺葉が挙がると津液が上に溢れる。しかし、心系が気ぜわしくなる時に肺葉が常に挙がることができない、上がったり、下がったりするから、故に咳して涙がでる(むせび泣くことです)。

⑩中熱則胃中消穀、消穀則虫上下作、腸胃充郭、故胃緩、胃緩則気逆、故唾出:中焦に熱があると、胃中に水穀を速く消化する、それで腸にいる寄生虫が上下に動く;水穀で腸胃が充満している場合は、胃の動きが緩慢で気が上逆する、故に唾液が出る。

(続く) (李)
[PR]
by jbucm | 2014-07-31 09:50 | 中医学 | Comments(0)
<< 夏季講習会(その1) 烏鶏白鳳丸の由来 >>