カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(七十七)

霊枢・邪客第七十一①  

篇名と内容について  

「邪客」は、人体に侵入した邪気を指します。本篇の初めは邪気が人体に入ったあと不眠を引き起こすことで、宗気・営気・衛気の循行と作用を説明しました。なお、疾病の治療は「補其不足、瀉其有余、調其虚実、以通其道、而去其邪」という原則に沿って、「陰陽得和」にさせることの道理を闡明しました。

『霊枢註証発微・巻八』にこう記載しています:「客」者、「感」である。最初の節は「邪」の所感を論述したから、故に『邪客』という篇名を命名した。末節の八虚の意味は同じである。

『霊枢集注・巻八』にも次のように記載しています:本章は邪客を仮定して、衛気・宗気の循行を明瞭した。故に篇名を『邪客』にした。

本篇の内容は次の通りです:
1、宗気・営気・衛気の循行と作用、及び不眠証の病機と治法;
2、人体と自然界との相応する現象;
3、「持針縦舎」の意義及び操作方法;
4、「陰虚故目不鄍」の意義及び「半夏湯」が失眠証を治療する機理;
5、手の太陰、手の厥陰経脈の屈折出入の循行概況及び手の少陰心経に輸がない理由;
6、「八虚」が分候五臓の病変。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-09-11 10:41 | 中医学 | Comments(0)
<< 眼中釘 メタボリックシンドローム(MS... >>