カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その13

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

腰痛

韭菜(韭)
①韭と玉子炒める 料理として食べる。この方は老年人の腎虚腰痛・虚寒咳喘・陽萎・夜尿頻尿・胃脘冷痛・四肢冷に適応する。
②韭30~60g 大米100g 先ず米をお粥にして、1~2cmに切った韮を入れ、5分位煮る、塩で味を調える。常食する。この方は助陽暖下・補中通絡作用があり、背寒気虚・腰膝酸冷に適応する。

韭籽(韮の種)
韭籽適量 粳米100g 先ず粳米をお粥にして、細かく研磨した韭籽を入れ、5分位煮る。塩で味を調える。朝晩ご飯として食べる。

香椿
香椿葉・生姜 各適量 上記生薬を一緒にすり鉢で泥状になるまで擂る。白酒で患部を繰り返す摩擦してから、泥状になった香椿葉・生姜を塗る。

生姜
生姜500g 生姜は綺麗に洗い、おろし器でおろして、汁を絞り出してお椀に入れる。生姜渣(かす)をフライパンで炒って、布で包んで、患部をなでおさえる。冷たくなったら、生姜汁を足して再加熱(炒める)してから繰り返すにする。この方は胸膈脹滿・風湿性腰脚痛・軟組織捻挫傷に最適する。

小茴香
小茴香150g 塩500g 上記物をフライパンで炒って、布で包んで、患部をなでおさえる。繰り返す使用可。

茴香
茴香10g 猪腰(豚の腎臓)2個 茴香は炒ってから研末する。猪腰は縦に半分を切る、(多め)塩でモミモミしてから水で洗い流す(尿の臭味を取る)。茴香(粉末状)を猪腰に入れる。アルミホイルで包み、熟まで煨する(蒸し焼き)。空腹時に塩・お酒で送服する(塩で味付け、酒を飲みながら食べる)。


麦麩 酢 麦麩に酢を混ぜる、炒めてから患部に当てる。

黒胡麻
黒胡麻30g 核桃仁(クルミ)30g 黒胡麻・核桃仁は白酒500ccに浸ける。密封して陰涼処(日当らない場所)に置き、半月後に飲用できる。毎回15cc、毎日2回。この方は益腎作用がある、腎虚の慢性咳嗽にも有効する。
注意事項:飲酒に不適宜の者は禁忌

胡麻
炒り胡麻 花生仁(去殻の落花生) 薏苡仁 棗(去核) 米 上記ものをお粥にして食べる。常食する。

黒豆
黒豆60g 陳皮5g 小茴香3g 生姜10g 猪腰(豚の腎臓)2個 炖して(調味料に浸けてもよい)食用する。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2014-10-13 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 完璧帰趙 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八十一) >>