カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


孟詵

こんにちは、周です。今回は医家・孟詵の紹介です。

中国古代多くの医家が居ました、その中にある流派があります。彼らは呼吸吐納(深呼吸をする)・運動・琴碁書画(琴・碁・書・画などの高尚な道楽)・服薬を主張しなく、「食療」を提唱します。その流派を代表する人物は、南唐の陳士良・元代の忽思慧・唐代の孟詵・明代の廬和などでありますが、最も知られているのは、唐代著名な医家孟詵です。

孟詵(621~713年)は、汝州梁(今の河南省汝南)人で、唐代の著名な医薬学家です。彼は若年より医薬学を好み、孫思邈に師事したこともありました。進士・舎人・侍郎・侍読・太守・大夫(官名)を歴任した後、707年頃に官職を辞して故郷に戻り、その地の山間部に居を構え、食餌療法と養生術の研究に励みました。自らの数十年の実践経験より、241種類の医療作用や営養価値がある食品を収集し、《食療本草》を著わしました。これは中国最初の食餌療法に関する専門書であり、また唐代における食療本草を総括した書籍であります。書中に常用される食療品が多く記載しています。例:

鶏:先粉諸石爲末、和飯与鶏食之、後取鶏食之、甚補益。人毒熱発、可取三顆鷄子白(蛋清=卵の白身)、和蜜一合、服之差(差=好い)。黄雌鶏、補丈夫陽気、治冷気。痩着床者、漸漸服之良。
鴨(アヒル):主補中益気、消食。消十二種虫。白鴨肉補虚。
鵝(ガチョウ):補五臓、亦補中益気。(惟)多発痼疾。
○(=魚に即)魚(フナ):食之平胃気、調中益五臓。
羊奶(羊の乳):補肺腎之気、和小腸。亦主消渇。治虚労、益精気。
大根:服之令人白淨(白淨=肌が白くて綺麗)肌細。
茶葉:利大腸、去熱解痰。煮取汁。用煮粥良。
柿子(柿):補虚労不足。紅柿、補気、続経脈気。干柿、厚腸胃、温中、健脾胃気、消宿血。
黒豆:令人長生、又益陽道(性効能を増強する)。

彼が収集した食療品の中に、日常生活品の鶏・鴨・肉・果物・野菜などを多く含まれます。古語は、「薬補不如食補」(薬を飲んだとしても、良い食事に及ばない)と云います。古代では、薬を「毒」とも称されます、ここの「毒」とは、薬物の偏性(寒熱温涼・酸苦辛咸等々)を指します、適切な薬物を投与すれば病を治しますが、間違ったら逆効果になります。なので、古代多くの医家は、「袪邪用薬・補養用食」(薬で邪を駆除する・食餌で補養する)を提唱します。「五穀雑糧・大米白面(白面=小麦粉)」は人類が長年歴史の発展した過程の中に、無数の食物の中で選出したものです、その食物は性味が平で、営養が豊富でありながら、「良薬」とも言えます。この「良薬」は、まさに人類が如何に生存するかという「病」の治療薬です。食療学者の孟詵は、独出の心裁でこの大秘密を発現し、且つ日常生活品を巧く用いて養生や保健します。「身体強健・寿命亨長」(健康で、長寿する)できるようになります。

孟詵の著作には、この《食療本草》のほかに《必効方》・《保養方》各三巻があります。その原本はすでに散逸していますが、その内容は《証類本草》や日本の《医心方》などの書物の中に散見されます。

f0138875_11151816.gif

[PR]
by jbucm | 2014-11-17 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八十三) 北京研修旅行のレポート(二) >>