カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八十七)

霊枢・本神第八③

【原文】所以任物者謂之心⑨、心有所憶謂之意、意之所存謂之志、因志而存変謂之思、因思而遠慕謂之慮、因慮而処物謂之智⑩。

故智者之養生也、必順四時而適寒暑、和喜怒而安居処、節陰陽而調剛柔⑪、如是則僻邪不至、長生久視⑫。

【注釈】⑨所以任物者謂之心:(母体から離れたあと)生命活動を主宰するものを「心」と謂う。

⑩心有所憶謂之意、意之所存謂之志、因志而存変謂之思、因思而遠慕謂之慮、因慮而処物謂之智:心の中にまだ定まらない意念を「意」と謂う;定まった決意なお実行することを「志」と謂う;志を思考することを「思」と謂う;思考の範囲が遠くなることを「慮」と謂う;考慮してから物事を処理することを「智」と謂う。

「憶」は、追憶すると始めに出した意念という二つ意味をする。「存」は、定まり、なおそれを実行することを指す。「変」は改める、調整するという意味で、志向を達すために具体的な措置を考え、状況によって調整する過程は「思」である。「遠慕」は深思熟慮、将来を予測することを指す。「処物」とは物事を妥当に処理することを指す。               

⑪故智者之養生也、必順四時而適寒暑、和喜怒而安居処、節陰陽而調剛柔:賢い人の養生方法は、必ず四季の気候変化に従い、寒暑に適応する;喜怒過ぎなく、穏やかな日常生活をし、陰陽の偏りを控えめにして(活動の)剛柔を調節する。

ここの「陰陽」とは、男女両性、飲食の寒熱、薬物の性味、病治脈要、行動の動静などが含まれる。「剛柔」も陰陽である。「節陰陽而調剛柔」とは、養生の根本は調整陰陽であり、バランスをとることである。その意義は広くて深い。

⑫如是則僻邪不至、長生久視:これで邪気が避けられ、長寿不病での生活ができる。

【説明】本節は(前回と今回の分)神の発生、概念及び養生への意義を説明した。神・魂・魄・意・志など精神意識活動は五臓に蔵されていて、その物質的基礎は「精」であり、全ての精神意識と思惟活動は「心」と「神」に支配されることを指摘した。先人は、生命の本源は自然物質世界であることと、神識活動の物質的基礎は「精」であることを闡明し、唯物論の観点から解説された。これは中医学がいまだに存在できることの重要な前提である。

なお、神識には神・魂・魄・意・志が含まれるが、魂・魄・意・志が神から派生されたものであることも説明した。
各種の神識活動の概念(故生之來謂之精、兩精相搏謂之神、隨神往來者謂之魂、並精而出入者謂之魄。所以任物者謂之心、心有所憶謂之意、意之所存謂之志、因志而存変謂之思、因思而遠慕謂之慮、因慮而処物謂之智)、養生の理論原理(順四時而適寒暑、和喜怒而安居処、節陰陽而調剛柔)も明確にした。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-12-18 10:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 「単味」良方の紹介 その14 四面楚歌 >>