カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その15 

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

自汗盗汗

韭根
韮根100g 煎じて飲む。この方は陰虚盗汗に適応する。


韭100~150g ハマグリ肉(剥きハマグリ)150~200g 上記材料に適量の水を加え煮た後、調味して食べる。

蜂蜜
蜂蜜大匙1 梨1個(去核、薄切りする) 炖して食べる。

銀耳(白木クラゲ)
①銀耳5g 氷砂糖(砂糖も可)適量 銀耳は水で戻して、武火で沸騰させ文火で20分間煮る。氷砂糖を加え、さらに5分位煮る。毎日朝晩1回ずつ食べる。
この方は、陰虚発熱・夜間盗汗・心煩・倦怠乏力・口乾などに有効する。貧血の場合は、大棗、女性更年期神経衰弱・心悸失眠・健忘の場合は、竜眼肉・蓮子を加える。
②銀耳100g 大棗20g 山薬(新鮮の長芋)20g(皮を剥き、1~2cm角切り) 砂糖適量 銀耳は水で戻して、大棗と一緒に水に1時間浸ける。山薬・水を加え、弱火でトロトロ状まで煮る。砂糖で味を調える。

小麦麩
小麦麩100g 豚肉末(肉を味付けして細かく刻んだもの)適量 調味料少々 小麦麩は炒黄して研細し、豚肉末を加えよく混ぜる、糯米の湯圓(もち米の粉で作るだんご状の食品)を作って食べる。
f0138875_12151858.jpg


糯米
①糯米適量 新鮮の枇杷葉 糯米は一晩水に浸ける。枇杷葉の綿毛を拭取り・綺麗に洗い、軟らかくまで水に浸ける。棕子(ちまき)を作って蒸す或いは煮る。毎日1回食べる。
②糯米・小麦各同量 砂糖か塩少々 糯米・小麦はお粥にして、砂糖か塩でで味を調える。毎日朝1碗を食べる
③糯米・小麦各同量 別々に炒めた後、研細して混ぜる。毎日肉湯(肉で作ったスープ)で送服する。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2015-01-12 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八... 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八... >>