カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介 その15 

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

自汗盗汗

黒豆
黒豆50g 柔らかくまで煮る。温服する。この方は腰痛にも有効する。

大棗
①大棗30個 浮小麦30g 煎じて飲む。毎日1回。
②大棗・烏梅各10個 煎じて2回を分けて飲む。毎日1回、1クールは10日間である。
③大棗50g 桂園15g 烏豆(黒豆)15g 水1500cc 1000ccになるまで煎じる。朝晩2回分けて飲む。
④大棗50g 黒豆100g 黄芪50g 浮小麦50g 煎じて飲む。毎日2回。

羊の胃袋
羊の胃袋1つ 粳米100g 生姜・葱・花椒各適量  羊の胃袋・粳米に水を加え、軟らかくまで煮る。生姜・葱・花椒で味を調える。

牡蠣肉
牡蠣肉25g 煮て食べる。

○(=魚に即)魚(フナ)
フナ2尾(1尾約250g) 山薬20g 豚肉200g 生姜・葱各少々 フナの内臓を取り出して、山薬・豚肉・生姜・葱を一緒に切り砕く、掻き混ぜて、フナの腹腔内に入れる。煮魚にし、塩・醤油で味を調える。この方は気虚、陽虚に有効する。

糯米根
糯米稲根・浮小麦各30g 大棗10個 煎じて飲む。毎日1回。この方は補益脾肺作用がある、気虚不固・畏寒喜暖・舌質淡白・脈細弱に有効する。

浮小麦
①浮小麦30g 煎じて飲む。
②浮小麦30g 山薬30g 煎じて飲む。この方は補益滋陰止汗作用がある、気陰両虚・心悸気短・熟睡できない・舌淡苔少・脈虚大無力に有効する。
③浮小麦30g 蓮子7個 黒大棗7個 煎じて飲む。3日間を連続服用する。

空心蓮子(芯を取り出した蓮子)
空心蓮子30g 核桃仁30g 山薬15g 黒豆15g 一緒に粉状まで砕く、食べる分だけを取り出して糊状(トロトロ状)まで煮て食べる。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2015-01-19 09:48 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十) 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(八... >>