カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介です。その15 


こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その15 

自汗盗汗

酸棗仁
酸棗仁・人参・茯苓 各同量 粉末に研磨する。就寝前に5gを米湯(米汁)で調服する。

五倍子
①五倍子・糯米各適量 五倍子を粉末に研磨する。糯米は糊状の粥にする。五倍子と糯米をよく混ぜる。適量を取って臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。2~3日の間隔で取り換える。
②五倍子を粉末に研磨する。就寝前に3~9gを水か自分の唾液で溶かして糊状になるまで掻き混ぜる。臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。毎晩1回、翌朝取って捨てる。
③五倍子5:辰砂1 粉末に研磨する。水で溶かして糊状になるまで掻き混ぜる。臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。毎晩1回、翌朝取って捨てる。

五味子
五味子5g 紫蘇梗6g 人参6g 砂糖10g 五味子・紫蘇梗・人参の煎じ汁に砂糖を加える。お茶代わりに飲む。この方は益気陰、固表斂汗作用があり、気陰両虚に有効する。

芡実
芡実30~50g 粳米50g 先ず芡実を柔らかくまで煮て泥状に潰す。粳米と一緒にお粥にする。2回に分けて食べる。食べるとき、砂糖は少々加えてもよい。この方は補虚止汗作用があり、気虚不固に有効する。

百合
百合20g 大米50g お粥にする。

蒼朮
蒼朮6g 滑石12g 薏苡仁20g 竹葉9g 竹葉 ・蒼朮・ 滑石をガーゼで包み、大米・薏苡仁と一緒に鍋に入れ、お粥にする。出来上がるとガーゼを取り出して捨てる。この方は邪熱鬱蒸に有効する。

桂枝
桂枝6g 芍薬9g 甘草6g 大棗4個 生姜6g 大米50g 桂枝・芍薬・甘草をガーゼで包み、大棗・生姜・大米と一緒に鍋に入れ、お粥にする。この方は営衛不和に有効する。

党参
党参10g 黄芪12g 白朮10g 防風6g 煎じて飲む。毎日2回服用する。

黄芪
①黄芪20g 大米50g 先ず黄芪を煎じて(20分位)渣を取り出して捨てる。黄芪汁に大米を加え、お粥にする。この方は固表止汗作用があり、気虚不固に有効する。 
②黄芪10g 大棗6個 糯米100g 先ず黄芪を煎じて(20分位)渣を取り出して捨てる。黄芪汁に大棗・糯米を加え、お粥にする。砂糖は少々加え食べる。
③黄芪30g 大棗20個 黒豆60g 煎じて飲む。毎日1剤、2回に分けて飲む。
④黄芪10g 黒豆50g 羊の胃袋1つ 適量の水を加え柔らかくまで煮る。
⑤黄芪15g 山薬15g 白蜜30g 甘草6g 茅根15g 先ず黄芪・茅根を煎じて渣を取り出して捨てる、山薬・甘草を粉末に研末する。黄芪・茅根の煎じ汁に山薬・甘草の粉末を入れ、膏状(濃い粘稠状)まで煮詰める。この方は滋陰益気・止汗作用があり、気陰両虚に有効する。

以下の食物・中薬は自汗盗汗に有効です。食べ方・作り方は省略します。
沙参、山茱萸、何首烏、当帰、太子参、人参、冬虫夏草
[PR]
by jbucm | 2015-02-02 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九... 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十一) >>