カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


「単味」良方の紹介です。その16 

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その16  

感冒

大根
①生大根を果物として食べる。
②大根を乱切し、煮て食べる(汁も飲む)。 
③大根を千切りし、煮てから黒砂糖を混ぜて、お湯を注いて食べる。
④大根250 千切りし、300cc水を加え200ccまで煮る。適量の砂糖を加え、温かいうちに100ccを飲む。30分位を経ってから残りの100ccを温めて飲む。
⑤大根はスライスし、飴糖は大匙2~3を加えて搔き混ぜる。一晩を置かせて水で溶かし、飲用する。
⑥大根1本 青橄欖6~8 上記ものを炖する。お茶代わりに飲む。この方は、口鼻乾燥・発熱流涕(鼻水)・咽痛口渇という感冒症状に適応する。

冬瓜子(冬瓜の種)
  冬瓜子100g 粳米適量 冬瓜子を砕いて水を加え20分位煮る。渣(冬瓜子)を捨て
粳米を入れて柔らかくなるまで煮る。氷砂糖で味を調える。この方は、清熱除煩・化痰止咳作用があり、発熱・痰が出る咳嗽・小便黄赤という感冒症状に適応する。

葱白
①葱白頭2~3個 葱白頭をすって塞鼻(鼻孔を塞ぐ)、両側鼻孔を交替する。毎日3~4回、毎回1時間。
②葱白数本 すりつぶして取った汁を鼻孔や咽喉部にたらす。毎日3~5回、毎回2~3滴。この方はインフルエンザの予防できる。
③葱白500g 淡豆豉125g 葱白は包丁の背で叩き、長さ3cm位に切る。水5000ccを加え沸騰させてから淡豆豉を入れ、再び10分間煮る。ガーゼで濾過し飲用する。毎日1回、1回100cc、連続3日。
④葱白5~6本 生姜10g 煎じて飲む。毎日2回。連続2~4日。黒砂糖あるいは陳酢を加えて煮る、寝る前温服すると、効果はもっとよい。
⑤葱白・生姜各25g 塩5g 一緒に糊状まですりつぶす、適量の酒をたして、よく搔き混ぜる。ガーゼで包み、胸・背中・手のひら・足の裏・肘や膕窩に当てる、30分位休憩する。この方は感冒発熱に有効する。
⑥葱白3本 大米100g 葱白は長さ3cm位に切る。大米は水を加えて半熟まで煮る。大米に葱白を入れお粥にする。砂糖か塩で味を調える。毎日1回、連続5回服用する。この方は、頭痛発熱・悪風寒・鼻塞(鼻詰まり)流涕・腹痛型感冒に有効する。症状が重い場合、淡豆豉20gを加える。
⑦葱白5本 生姜15g 糯米(粳米可)100g 葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。糯米はお粥にする。お粥に葱白・生姜を入れ煨熱し、温かいうちに食べる。毎日2回。この方は、疏風解表・散寒通陽作用があり、傷風感冒初期・悪寒・頭痛無汗、特に表虚感冒に有効する。
⑧葱白5本 生姜6g 淡豆豉20g 淡豆豉は20分位煮る。葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。葱白・生姜に淡豆豉の煎じ汁で沖泡する。5分間を経ってから飲用する。この方は、宣透解表作用があり、風寒感冒(発熱・頭痛・悪風寒・心煩)に適応する。
⑨葱白5本 玉子1個 氷砂糖20g 蝉衣15g 葱白・蝉衣は20分間煎じる。葱白・蝉衣の煎じ汁に玉子・氷砂糖を入れながら搔き混ぜる。1回飲用する。この方は、滋陰清熱袪風作用があり、陰虚感冒に有効する。
⑩葱白10本 淡豆豉15g 生姜10g 黒砂糖15g 粳米50g 先ず粳米淡・豆豉に500cc水を加え、半熟まで煮る。葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。上記ものを一緒にトロトロ状まで煮る。黒砂糖で味を調える。毎日朝晩1回ずつ服用する。服食後盖被取汗(服用した後布団を被って寝て汗をかかせる)。この方は、発汗解表逐邪作用があり、風寒感冒初期(頭痛・鼻塞・悪寒無汗・脈浮緩・舌淡・苔薄白)に適応する。
⑪葱白30g 淡豆豉15g 黄酒50cc 淡豆豉に100cc水を加え、文火で10分間煎じる。淡豆豉の煎じ汁に葱白を入れて5分間加熱する。火を止めて黄酒を最後に入れる。温かいうちに服用する。この方は、風寒感冒に適応する。

次回へ続く
[PR]
by jbucm | 2015-02-23 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十四) 中国のお正月 >>