カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十七)

素問・五蔵生成論篇第十④

【原文】生於心、如以縞裹朱;生於肺、如以縞裹紅;生於肝、如以縞裹紺;生於脾、如以縞裹栝樓実;生於腎、如以縞裹紫;此五藏所生之外栄也③。
色味当五藏:白当肺、辛;赤当心、苦;青当肝、酸;黄当脾、甘;黒当腎、鹹。故白当皮、赤当脈、青当筋、黄当肉、黒当骨④。

【注釈】③生於心、如以縞裹朱;生於肺、如以縞裹紅;生於肝、如以縞裹紺;生於脾、如以縞裹栝樓実;生於腎、如以縞裹紫。此五藏所生之外栄也:心に生気があれば、その顔色は白い絹に包まれた朱砂のようである;肺に生気があれば、その顔色は白い絹が覆ったピンク色のようである;肝に生気があれば、その顔色は白い絹が覆った紺色のようである;脾に生気があれば、その顔色は白い絹に包まれた栝樓実のようである;腎に生気があれば、その顔色は白い絹が覆った紫色のようである。これらは皆五臓の生気が顔に現れる栄えである。

 「縞」とは白い絹である。薄いから、これを使って包んだものは光沢があって、もとの色が透けて綺麗に見える。『類経・脈色類・三十七』は「凡そ、みな五臓に生じる正気の色で、五臓の気が充足して、その栄えが外に反映しているからである」と書いてある。

④色味当五藏:白当肺、辛;赤当心、苦;青当肝、酸;黄当脾、甘;黒当腎、鹹。故白当皮、赤当脈、青当筋、黄当肉、黒当骨:色、味と五藏との相応について、白色と辛味は肺に相応する;赤色と苦味心に相応する;青色と酸味は肝に相応する;黄色と甘味は脾に相応する;黒色と鹹味は腎に相応する。故に(五臓の外合五体では)白は皮に、赤は脈に、青は筋に、黄は肉に、黒は骨に相応する。

「当」とは、合、相応する意味である。『素問集注・巻二』には次のように説明している:「ここは、五臓生死の色を再度述べている。(五臓の色は)五臓の気による生成し、五臓の神気は五味による生成される」。

【説明】(前回と今回の分は)五色の死と生を論述している。五臓、五味、五色の相互関係は、五色が五臓の気の外栄で、五臓の気が五味による化生されることである。五味の摂取し過ぎること、或は摂取不足であることは、みんな五臓の気の盛衰に影響を与える。なお、五臓の気の盛衰は、五色で反映される。故に、五色の変化を観測することは、五臓の気の盛衰及びその病理変化を推測できる。この理論は、中医診断学の望診の理論基礎となっている、今でも中医の望診の際、従わなければならない基本原則である。

なお、色診の要領では、滋潤で光沢があり、色が表皮の下で見え隠れするのは生気のある反映である。もし枯れて光沢がなく、暗くて神気がないのは、五臓の気が衰弱している現れで、予後が悪いである。なお、五色が現れ過ぎ、含みが全然ない場合は、胃気が絶える徴候で、「真蔵象」といい、死亡の兆候である。


(李)
[PR]
by jbucm | 2015-03-19 10:28 | 中医学 | Comments(0)
<< 「単味」良方の紹介です。 その... 「単味」良方の紹介です。その16   >>