カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十九) 

素問・五蔵生成論篇第十⑥

【原文】診病之始、五決爲紀①。欲知其始、先建其母②。所謂五決者、五脈也③。是以頭痛巓疾、下虚上実、過在足少陰、巨陽、甚則入腎④。徇蒙招尤、目冥耳聾、下実上虚、過在足少陽、厥陰、甚則入肝⑤。腹滿瞋脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰、陽明⑥。咳嗽上気、厥在胸中、過在手陽明、太陰⑦。心煩頭痛、病在鬲中、過在手巨陽、少陰⑧。

【注釈】①診病之始、五決爲紀:診病の根本は、五決を綱紀とするべきである。「紀」とは綱要、綱紀である。

②欲知其始、先建其母:疾病のもとを知りたいであれば、先に病変を引き起こす原因を確定するべきである。「建其母」についての注釈は幾つがある。『素問呉注・巻三』では、「母」とは、時令に応じる胃気(脈)を指す。例えば春の脈は微弦……弦脈が甚だしい場合は、その病が肝から始まってと知り、その「母」である肝を治療する……故に「建其母」とは胃気を中和することだと主張する。『類経・疾病類・十四』では、「母」を病因とされる。

③所謂五決者、五脈也:所謂五決とは、五臓の脈である。これで診病すれば、疾病のもとを知ることができる。「五脈」とは五臓の脈で、例えば、肝脈は弦である。

④是以頭痛巓疾、下虚上実、過在足少陰、巨陽、甚則入腎:例えば、頭痛など巓頂部位の疾患で下虚上実に属されるもの、その病変は足少陰経と足太陽経にあり、病気が甚だしい場合は内伝して腎に入る。「下虚上実」について、『類経・疾病類・十四』では、膀胱経の直行部分は巓頂から絡脳に入る、腎経が虚で膀胱経が実であると説明している。

⑤徇蒙招尤、目冥耳聾、下実上虚、過在足少陽、厥陰、甚則入肝:眩暈し目がかすむ、身体が震え、視力と聴力が落ちる病状で下実上虚に属されるもの、その病変は足少陽経と足厥陰経にあり、病気が甚だしい場合は内伝して肝に入る。「下実上虚」について、『類経・疾病類・十四』では肝胆の気が下に実し、上に虚しであると説明している。

⑥腹滿瞋脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰、陽明:腹部が脹満し、胸膈と脇を突っ張り、下部の気逆が上犯するものであれば、その病変は足太陰経と足陽明経にある。「下厥上冒」について、『類経・疾病類・十四』では、気血が逆上で四肢が厥冷、濁気が不降で胸腹部が脹満すると説明している。

⑦咳嗽上気、厥在胸中、過在手陽明、太陰:咳嗽と喘ぐ、気機が胸中で厥乱してある場合、その病変は手陽明経と手太陰経にある。

⑧心煩頭痛、病在鬲中、過在手巨陽、少陰:心煩頭痛、胸膈に不快感がある場合、その病変は手太陽経と手少陰経にある。

 (続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-04-16 10:43 | 中医学 | Comments(0)
<< 「単味」良方の紹介です。その16   27年4月春入学式 >>