カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 病因病機学説(一)

素問・生気通天論篇第三①

篇名について

「生気」についての注釈は、幾つがある。『素問経注節解・巻一』では、「生気とは、生き生きとした気力で、陽気である」と解説している。『素問直解・巻一』では、「生陽の気、そのもとは陰精であり、互いに資生と滋養し、陰陽の気となる。これら皆生気と為す」。故に、生気は生命の気であり、陰陽の気を指す。本篇の最初にも「生之本、本於陰陽」と指摘しているから、『素問直解』の注釈がより適切である。しかし、本篇は陽気が生命へ(生理、病理を含む)の重要性を長く論述しているから、故に、「生気」を狭義的に陽気と釈義しても宜しい。

「通」とは相応、貫通の意味である。「天」とは自然界を指す。

本篇は主に、人体の陰陽が自然界の陰陽と一つ一つ密切な関係を持ち、相互貫通している道理とその意義を討論している。故に『生気通天論』と名づけている。『素問直解・巻一』では、「生気通天とは、人体陰陽五行の気が次から次へと生じてやまなく、上に天と通じる」と説明している。

本篇の主な内容:

1.「天人相応」の観点により、「賊風邪気」が人体を損傷するときの病変を詳しく討論する。

2.天の太陽を人の陽気を喩え、陽気が人体の生理機能への重要性を説明する。なお、陽気失常の病理変化及びその機理を例に挙げる。

3.陰精と陽気との相互関係を強調し、陰陽の協調が人体健康への重要性を説明する。陰陽失調なら、病気になる。

4.「四時之気、更傷五臓」、「陰之五宮、傷在五味」の病理規律を論述する。

本篇を勉強する目的:

1.陽気が人体の生理、病理への重要作用及び臨床意義を把握する。

2.陰精と陽気との相互関係を把握し、「陰平陽秘、精神乃治;陰陽離決、精気乃絶」の道理を理解する。

3.風、寒、暑、湿など外感邪気及び飲食五味不適当での致病特徴及びその機理を把握する。

4.「煎厥」、「薄厥」の病因病機と臨床症状を把握する。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-14 10:15 | 中医学 | Comments(0)
<< 藕節治痢 親賢臣、遠小人 >>