国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二)

素問・生気通天論篇第三②

【原文】黄帝曰:夫自古通天者、生之本、本於陰陽①。天地之間、六合之内、其気九州、九竅、五藏、十二節、皆通乎天気②。其生五、其気三、数犯此者、則邪気傷人、此寿命之本也③。蒼天之気、清淨則志意治、順之則陽気固、雖有賊邪、弗能害也、此因時之序④。故聖人伝精神、服天気而通神明⑤。失之則内閉九竅、外壅肌肉、衞気散解、此謂自傷、気之削也⑥。

【注釈】①夫自古通天者、生之本、本於陰陽:古くから、天の気に通じることを生命の根本とされるが、この根本とは天の陰陽にほかならない。

②天地之間、六合之内、其気九州、九竅、五藏、十二節、皆通乎天気:天と地の間、六合以内、大きく言うと九州であり、小さく言えば人体の九竅、五臓や、十二節など、皆天の気と通じる。「六合」とは東西南北四方に上下を加え、即ち「天地之間」の意味である。「九州」とは広い大地を意味する。「十二節」とは四肢にある十二個の大関節を指す。

③其生五、其気三、数犯此者、則邪気傷人、此寿命之本也:天気(自然界)は五行を化生して、(陰陽の)気は(盛衰消長状況によって各)三つに分けられる(所謂三陰と三陽)。陰陽五行の規律を常に違反する者には、邪気が(その機体)を傷害する。(この規律に適応することは)寿命の根本である。

④蒼天之気、清淨則志意治、順之則陽気固、雖有賊邪、弗能害也、此因時之序:蒼天の気は清淨であれば、人の精神も平和である。天気の変化へ順応すれば、陽気が堅固になり、賊風邪気があっても、身体に危害を加えることがない、これは時序陰陽変化を順応する結果である。「清淨」とは天気が平穏であり、「志意治」とは精神が爽快であることを指す。「賊邪(ぞくじゃ)」とは、邪気のことである。

⑤故聖人伝精神、服天気而通神明:故に聖人は一意専心天気に順応して、陰陽変化の道理を精通する。「伝精神」とは精神力を集中すること。「服」とは順応である。「神明」とは陰陽の変化の意味である。「伝精神、服天気而通神明」は、「法於陰陽」、「和於陰陽、調於四時」などと同じ意味で、精神を専念し自然に順応して、人と自然の陰陽変化の協調性を保つことを強調している。これは「賊邪」を拒む法則であり、本篇の「生気通天」を説明する重要な意義所在である。

⑥失之則内閉九竅、外壅肌肉、衞気散解、此謂自傷、気之削也:(天気変化を適応する原則を)違反すると、内側では九竅が不通となり、外側では肌肉が壅塞され、衞気が渙散(かんさん)して固まらなくなる。これは自然変化に適応しないことであり、自傷と謂う、これで陽気がだんだん弱まる。

【説明】本段は主に人と自然との密接な関係を説明し、天気に順応して、神明を精通する重要性を強調している。これは、養生や病気の予防などだけではなく、病気の診断や治療にも意義がある。例えば、日月の動き、気候の寒熱、時令の移り変わりなどによって経穴や方薬などを選ぶことができる。なお、疾病の診察にも参考になる。『素問・四気調神大論』、『脈要精微論』、『疏五過論』などの篇節を参考して下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-21 10:00 | 中医学 | Comments(0)