国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

「単味」良方の紹介です。その17 

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その17 

咳嗽

陳酢(長く貯蔵した酢)
陳酢500g 氷砂糖(つき砕く)250g 上記ものを混ぜて飲服する。毎回1~2匙、毎日3~5回。朝昼晩三食の調味料としてもよい。


梨1個 氷砂糖適量 梨はキレイに洗い(皮も使う)、芯を切り取って捨てる。氷砂糖と水を加え炖する。この方は咳嗽音啞(咳が出て、声がかすれる)、咽喉乾痛(乾燥して痛い)に最適である。

大根
①大根適量 砂糖10g 大根の皮を剥き、おろした汁(約30cc)に砂糖を混ぜる。毎日朝晩1回服、連続3日間服用する。この方は咳嗽音啞・胸悶胃脹・食欲不振に有効する。
②大根・乾姜・梨各適量 上記ものを煎じて服用する。
③大根1本 白胡椒5粒 生姜5g 陳皮10g 上記ものを煎じて服用する。

豆乳
豆乳200cc 玉子1個 砂糖適量  上記ものを混ぜて服用する。この方は止咳・補血作用がある。

豆腐
豆腐1丁 植物油50g 食酢50g 葱・塩少々 熱した油に葱・塩を加える、豆腐にその油を注ぐ。ヘラで豆腐をつぶし・炒める。酢を加えて、豆腐に浸み込むまで炒める。温かいうち食べる。おかずとしてもよい。就寝前食べてもよい。
南瓜の藤汁
秋季、南瓜を収穫する際(南瓜を実らない)、根部から約65cmの処、南瓜の藤を切り取る。切り取った藤茎を瓶に挿す。一晩置かせて、翌朝に藤汁を回収する。藤汁を蒸して飲む。毎回30~50cc、毎日2回。糸瓜(へちま)・冬瓜の藤汁を混入してもよい。この方は、清肺熱作用がある。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2015-06-04 10:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)