カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


王冰


こんにちは、周です。今回は医家・王冰の紹介です。

王冰は、号を啓玄子(啓元子)と言い、生没年・本籍とも不詳ですが、唐代の景云元年(710年)から貞元20年(805年)年間にかけた人と推定されています。唐代の宝応中(762~763年)に太僕令(官名、牧畜を管理する)に在職したことから、後世は王冰を王太僕と称しています。

王冰が中医学に大きな貢献したのは、《黄帝内経素問》を補注したことであります。彼が整理・注釈した《素問》は、その後の千年余りに広く流伝し、中医学を学習や研究する重要な根拠となっています。王冰は若くして養生に関心を寄せ、中医学を学びました、特に《黄帝内経》に研鑽と探究しました。天宝9年(750年)から宝応元年(762年)、十二年間をかけて《素問》24巻、合計81篇を完成させました。同書の運気七篇(「天元紀大論」、「五運行大論」、「六微皆大論」、「気交変大論」、「五常政大論」、「六元正紀大論」、「至真要大論」)が注釈を補塡されました。それは後世の運気学説の本(元)となっています。また、辨証論治に関する理論についての見解もあります。例えば元陽之虚を治療するには、「益火之源、以消陰翳」。真陰之竭を治療するには、「壮水之主、以制陽光」を提唱しました。これは臨床治則の名言になっています。

王冰の運気学説に対する研究や著述は多く、《玄珠》(宋代に逸失)、《玄珠密語》10巻、《昭明隠旨》3巻、《天元玉冊》30巻、《元和紀用経》1巻などがあります。ただ、これらの書物が王冰の名を仮託して後人(別人)が著わしたものとされています。
[PR]
by jbucm | 2015-07-13 09:30 | 中医学 | Comments(0)
<< 『黄帝内経』筆記 病因病機学説(八) 『黄帝内経』筆記 病因病機学説(七) >>