カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


2015年度の北京研修旅行

  10月19~24日、日本校の卒業生、在校生及び関係者の27名の方々が北京中医薬大学の研修旅行にご参加頂きました。

  参加された皆様の温かいご協力によって、無事に終了致しましたことを心から感謝申し上げます。

  短い旅とは言え、中医病院で本格的な体験をされて、充実な毎日を送ることが出来たことと思います。その様子を今回の研修旅行に参加されてない皆さんにもお届したいと思います。

  20、21日の終日、22日午前中は病院研修、又は薬膳の講義と実習を実施致しました。病院チームでは内科学(腎臓泌尿器系・脳神経系・心血管系・呼吸器系)の研修は病棟にて、婦人科及び針灸科は外来にて行いました。薬膳の講義では『中医食療と薬膳』、『よくある慢性病の食療要点』、『美容の食療法紹介』の講義と『養生膏方の制作と応用紹介』という調理実習を行いました。
f0138875_16584559.jpg

f0138875_1658931.jpg

f0138875_1657398.jpg

  22日の午後では北京本校の見学、そして、4時半より日本校中医中薬専攻科・2015年度の卒業式が北京中医薬大学の小ホールにて行いました。北京中医薬大学林 志華副学長、日本校の高 鶴亭学長、植松理事長に暖かい祝福のお言葉を頂きました。今年31名卒業生の中、8名の方が北京にて学長らより卒業証書を受け取りました。なお、山際 玲子さんが卒業生を代表して答辞を述べました。
f0138875_13285546.jpg

f0138875_13301341.jpg

f0138875_13305363.jpg

  以下は山際 玲子さんの御答辞です:

  本日は北京中医薬大学ならびに日本校教職員の皆様のご臨席の下、このように盛大な卒業式を催していただいたことに、卒業生一同心より御礼申し上げます。また只今(役職・お名前)様より告辞のお言葉を賜りましたことに、重ねて御礼申し上げます。

  振り返ると、中医中薬専攻科は3年間、中医薬膳専科、医学気功整体専科は1年間、それぞれ大学ですごした時間は長いようで瞬く間に過ぎて行きました。社会人としての生活がある中、勉学を進めることに、時に困難を感じることがあっても、諸先生方、通訳の先生方そして事務の方々のご指導や励ましを得て中医学という大いなる知恵を得ました。そして何より、かけがえのない多くの友人を得ることができました。お互いに励まし合い、切磋琢磨した日本校での日々は何よりの宝物です。

  本日私たちは卒業し、それぞれの道を歩き始めます。日本校での修了式の日、諸先生方から、卒業して初めて深く広い中医学の海に漕ぎ出すスタートラインに立ったのだという言葉を頂きました。日本においても、中医学が人々の心と体の健康に果たす役割はますます大きくなっていくものと感じております。北京中医薬大学日本校の卒業生として、得た知識・技術を深め、時には協力し合いながら、自身や、家族をはじめ多くの人々に健康と幸せを届けていくのが使命であると決意を新たにしました。

  最後になりましたが、諸先生方、職員の皆様、そして暖かく見守ってくれた家族、私たちを支え、導いて下さった全ての方に卒業生を代表して、心より御礼申し上げます。そして、皆様方のご健康と北京中医薬大学の更なる発展を願い、答辞と致します。


  なお、今回参加者された卒業生の大田さんに感謝の言葉を頂きましたので、下記に載せさせて頂きます:

  先週は北京中医薬大学の研修旅行で大変お世話になりました。想像以上に充実していた研修でした。もっと早くに参加したかった、と心より思います。

  現場の治療に触れ、日本の学校で学習した中医学理論が立体的に感じました。ものすごい数の患者さんを、精力的に診ていた医師のみなさん。

  コンピューターで薬は管理しながらも、脈を取り、舌を見て、主訴に耳を傾け、薬を加減しとても人間的に診療していた場面は忘れられません。

  同時に、同じ生薬でも、婦人科と内科では使い方が違っていて、まだまだ奧が深く、学び続けたい中医学を感じ取りました。通訳してくださった先生方の上手な日本語にも驚きました。

  お食事も、北京の魅力伝わるおいしいものばかり。バリエーションが考えられていて、とても新鮮でした。

  たくさんの知識の収穫とともに、全員が無事に帰れたのは、李先生と周先生のご尽力のたまものです。植松理事長のさりげない心遣いと優しさも滲みました。

  鈴木さんと、来年は薬膳コースに参加したいねと、言っております。

  来年は9月の前半ですよね。詳しく旅行スケジュールは出たら、お知らせくださいますよう。仕事調整して、ぜったい参加しますから。

  色々お世話になりまして、本当にありがとうございました。


  今回の研修旅行は、北京本校の学長をはじめ外事処の先生方、東直門病院の先生方、及び通訳の方のご支援と細かいご配慮によって実現されたことを心から感謝いたします。
  
  今回もご参加の皆様に研修レポートや旅の思い出などを募集しておりますので、是非お寄せ下さいませ。学校のHPに掲載し、ご自分の体験などを多くの方に、研修の感動を与えていただきたいと思います。なお、皆様も研修や観光の写真を是非E-mailで学校へ(info@jbucm.com)ご送信下されば、幸いです。学校が研修レポート、研修及び卒業式の写真を集め、改めて皆様にお届け致します。研修の成果を皆で分かち合いましょう。

(李・周)


 
[PR]
by jbucm | 2015-10-29 10:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
<< 中医名言―「医不三世、不服其薬」 皇甫謐 >>