カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十)  

霊枢・百病始生第六十六④

【原文】是故虚邪之中人也、始於皮膚、皮膚緩則腠理開、開則邪從毛髮入、入則抵深、深則毛髮立、毛髮立則淅然、故皮膚痛①;留而不去、則伝舍於絡脈、在絡之時、痛於肌肉、其痛之時息、大経乃代②;留而不去、伝舍於経、在経之時、洒淅喜驚③;留而不去、伝舍於輸、在輸之時、六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強④;留而不去、伝舍於伏衝之脈、在伏衝之時、體重身痛⑤;留而不去、伝舍於腸胃、在腸胃之時、賁響腹脹、多寒則腸鳴飧泄、食不化、多熱則溏出麋⑥;留而不去、伝舍於腸胃之外、募原之間、留著於脈、稽留而不去、息而成積⑦。或著孫脈、或著絡脈、或著経脈、或著輸脈、或著於伏衝之脈、或著於膂筋、或著於腸胃之募原、上連於緩筋、邪気淫泆、不可勝論⑧。

【注釈】①虚邪之中人也、始於皮膚、皮膚緩則腠理開、開則邪從毛髮入、入則抵深、深則毛髮立、毛髮立則淅然、故皮膚痛:虚邪賊風が人体に侵入する場合は、先ず皮膚を侵す、これは、皮膚が弛緩して腠理が開いているから、邪気が毛孔から深い所まで侵入してしまう。この時は毛髮が立ち、寒がって身体が震える、皮膚が痛む。

②留而不去、則伝舍於絡脈、在絡之時、痛於肌肉、其痛之時息、大経乃代:邪気が溜って除去されなければ、段々絡脈まで入り、この時は筋肉が痛む、もしこの痛みが止んだりすれば、邪気が経脈へ伝入する徴候である。

③留而不去、伝舍於経、在経之時、洒淅喜驚:邪気が(絡脈に)溜って除去されなければ、経脈に入り、この時は寒々として悪寒や、びくびくとする症状が出る。

④留而不去、伝舍於輸、在輸之時、六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強:邪気が(経脈に)溜って除去されなければ、輸脈に入り、この時は、六経の気が邪気に阻まれ、四肢に到達できず、故に四肢関節が痛む、腰や背骨が凝る。「輸」について、『類経・疾病類・二』、『注証発微』では輸穴であると指摘し、『霊枢集注・巻八』では気血の輸送する経脈であると指摘しているが、皆明確ではない。楊上善氏では、輸脈であり、ここは足の太陽経を指すと認識し、「輸脈は足太陽脈で、五臓の府の輸を司る」と言っている。足太陽経は頭部から下り、脊を挟んで腰中に入る、六経の兪穴が皆太陽経にあるため、故に「六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強」となる。

⑤留而不去、伝舍於伏衝之脈、在伏衝之時、體重身痛:邪気が(輸脈に)溜って除去されなければ、脊中の衝脈に入り、この時は身体が重たく痛むなどの症状が出る。「伏衝之脈」は衝脈の脊中の部分を指す、衝脈の他の部分より深い。

⑥留而不去、伝舍於腸胃、在腸胃之時、賁響腹脹、多寒則腸鳴飧(そん)泄、食不化、多熱則溏出麋:邪気が溜って除去されなければ、さらに腸胃に入って伏せる、この時は、腸鳴腹脹がする、寒邪が多い場合は、腸鳴し、不消化のものを瀉下すし、食べたものが消化しない、熱邪が多い場合は、瀉痢などが発生する。

⑦留而不去、伝舍於腸胃之外、募原之間、留著於脈、稽留而不去、息而成積:邪気が(腸胃に)溜って除去されなければ、腸胃の外にある膜原の間に入り、血脈に滞留し、除去できなければ、気血と相互凝結し、積となる。

⑧或著孫脈、或著絡脈、或著経脈、或著輸脈、或著於伏衝之脈、或著於膂筋、或著於腸胃之募原、上連於緩筋、邪気淫泆、不可勝論:纏めると、邪気が人体へ侵入した後、孫脈、絡脈、経脈、輸脈、伏衝の脈、筋肉、腸胃の募原、緩筋などに溜まったりする。邪気が浸淫氾濫し、言い尽くせない。「緩筋」は足陽明経の筋のことである。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-01-28 10:54 | 中医学 | Comments(0)
<< 中医名言―「精神内守、病安従来」 (中国語)文字ゲーム >>